ジュリアン・コープのCDガイド THE TEARDROPEXPLODES WILDER  最新更新日2018年7月9日 更新履歴 索引
WILDER
イギリスのロックのCD

アンクルマツのCDガイド
ジュリアン・コープのCD
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
BLACK MUSIC
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
JAZZ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
 サイト制作記
ワイルダー
いい感じで何気にそっと始まっていく感じの音作りの中で進んでいく。
そう、ティアドロップ・エクスプローズの何気ないいい感じの部分を丸出して始まっていくのだが・・・・問題は、それが特徴という部分にまではつながっていかないところなのだろう。
そう、本当にポップで聞きやすい感じで悪くはないのだが。。。それを彼らの求めているのだろうか?そういう疑問が何気に出てきてしまうのが、まあ期待しすぎだったという部分があるからなのだろう。そう、ジュリアン・コープ単独が先の体験というのがやはり大きいのだろう。
何気にポップという点が不思議そのものの世界に彼はいるように思えるからだ。
しかし、本当に聞きやすいということも確か。ギターの音は真剣にカッコよさあふれていることは確かだ。だが、それを求めているわけではないという部分で何気に評価はなかなか難しい部分が出てくる。本当に聞きやすい悪くない作品なのだが・・・・・・・・
とにかくはこの時の時代背景がちょっと今とは違う部分があったり、聞き手側での期待の部分もあった。聞きやすさを求める相手ではないということがすべてなのだろう。
ネオサイケの中での存在というものが彼にはあり、だがここではそれはほぼないといっていいだろう。だがバンドをやるという面では結構とにかくは分かりやすくていい感じがある。
おそらく彼の地元でもそうだったのかもしれない。軽く優しく歌いかけてくるかのような錯覚が一番よくないのかもしれない。バンドとしての音作りは分かりやすく、だが適度に個性をの部分が結構あり、うん、正直バンドをやるかたには結構おすすめできるのかもしれない。
音作りの参考として聞くには最高の一枚だろう。極端なテクニック至上ではなくまとまりで聞かせていくという音の流れは実際に流しっぱなしでも問題はない・・・だが・・・・そう印象が・・・
うーむ、無念の一枚というのが本当のところなのだろう。結構流しっぱなしで聞くだけであれば悪くないのだが・・・・・無念かな?????
曲目
1.Bent Out Of Shpe
2.Colours Fly Away
3.Seven Views Of Jerusalem
4...and The Fifhting Takes Over
5.The Culture Bunker
6..Passionete Freind
7..Tiny Children
8..Like Leila Khaled Said
9..Pure Joy
10.Falling Down Around Me
11.The Great Dominions
ジュリアン・コープの作品
WORLD SHUT YOUR MOUTH
FRIED
MY NATION UNDERGROUND
PEGGY SUICIDE
AUTOGEDDON
TERADROP
 KILLMANJARO
 WILDER
 THE COLLECTION
アーティスト名
シド・バレット
 ジュリアン・コープ
トラフィック
ザ・フー
スタイル・カウンシル
キング・クリムゾン
ローリング・ストーンズ
ロニー・ウッド
エコー&ザ・バニーメン
ピーター・ガブリエル
ジェフ・ベック
エルヴィス・コステロ
ザ・ポリス
スクリッティ
・ポリッティ
デビッド・ボウイ
キンクス
ザ・クラッシュ
スージー
&ザ・バンシーズ
ザ・キュア
イアン・デューリー
ザ・ジャム
レッド・ゼッペリン
フェイセズ
クリーム
XTC
YARDBIRDS
(C)2005-2018 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載