ジュリアン・コープのCDガイド  フライド 最新更新日2016年8月31日 更新履歴 索引
FRIED
イギリスのロックのCD

アンクルマツのCDガイド
ジュリアン・コープのCD
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
ブラックミュージック
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
ジャズ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
 サイト制作記
フライド
 この作品が発表されてから来日。日比谷野音などでもライブを行ったのが懐かしい。いきなりのRaymard the foxは結構ライブでも出だしなどでも使われ本当に印象が残っている。音は完全に当時のネオサイケブームの最先端状況。サイケなのかプロぐれなのかの音の線引きの方が面白かったような覚えすらある。とにかくは音の志向が非常に明確でやりたいことが伝わってきていたので本当に分かっている段階で聞くことになり非常に思わず熱をいれてきいていいた覚えがある。当時はとにかくはネオサイケの復活の中の発売だっただけに、本当にその中心としての音としての存在を放ちまくっていた。音のキレの良さとこの作品全体の流れが本当にしっかりと考え込まれており一枚聞くというよりもその目の前で起きていることへの想像の方が楽しかった記憶すらある。これがサイケということなのだろう。このネオサイケのムーブメントの中の代表的な一枚として聞いてみてもいいぐらいだ。作品としての完成度は高く、複数回繰り返し聞いてもその物語の中に吸い込まれていくような感覚に襲われる不思議さのある作品だ。ネオサイケ好きには超お奨めの一枚だ。
曲目
1.Reynard The Fox
2.Bull Drummond Said
3.Laughing Boy
4.Me Singing
5.Sunspots
6.The Bloody Assizes
7.Search Prty
8.O King of Chaos
9.Holly Love
10.Torpedo
ジュリアン・コープの作品
WORLD SHUT YOUR MOUTH
FRIED
MY NATION UNDERGROUND
PEGGY SUICIDE
TERADROP
 KILLMANJARO
 WILDER
 THE COLLECTION
アーティスト名
シド・バレット
 ジュリアン・コープ
トラフィック
ザ・フー
スタイル・カウンシル
キング・クリムゾン
ローリング・ストーンズ
ロニー・ウッド
エコー&ザ・バニーメン
ピーター・ガブリエル
ジェフ・ベック
エルヴィス・コステロ
ザ・ポリス
スクリッティ・ポリッティ
デビッド・ボウイ
キンクス
 ザ・クラッシュ
スージー&ザ・バンシーズ
ザ・キュア
イアン・デューリー
ザ・ジャム
レッド・ゼッペリン
フェイセズ
クリーム
MAGAZINE
(C)2005-2017 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載