アンクルマツのCDガイド     トラフィックのCDガイド 最新更新日2017年4月24日 更新履歴 索引
トラフィック
ブリティッシュ&ヨーロッパのCD
アンクルマツのCDガイド
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
BLACK MUSIC
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
JAZZ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
 サイト制作記
トラフィック、ショートストーリー
スティーヴ・ウィンウッドが中心になりウッドストックが最大の盛り上がりがあった時期に
その演奏スタイル・・・フリージャム的な音作りでアルバムを作
り上げ、そのスタイルだけでもきわめて特徴的な音があると考えられ、実際にそうであったことですさまじく評価された歴史的なバンドである。
とにかくはフリージャム的な音が注目をされたが、基本はもともとは歌中心のロックバンド。そうウィンウッドがいることで成立していたグループでもある。
初期のころは60年代末期のサイケブームでもあったためにそのような感じのポップな曲もあり、そしてそれが非常に印象的でまた彼らの代名詞にもなっていた感がある。
サイケ時代ということもあり本当に歌詞からその曲の作りからそれを連想させるものが多い。次第にバンドとしての形ができていくうちにジャズ的味わいがかるくあるようなセッション的な音の作りにも変貌していく。3分単位のポップソングではなく、延々とその絡みが続くような音作りに変化していったのだ。
その絡みは本当に長く当時のフリージャム的な音作りが印象的になっていく。
だがその音作りはとてつもなくすごいと言い切れるものではなかったためか、次第に色あせそそてウィンウッドは去っていく。ウィンウッドなしで成立するバンドではないので気が付くと消えているというような状況にもなっている。
ウィンウッドはそのままブラインド・フェィスに参加。そしてソロとなっていく。
初期のころから変に影響を受けた部分が足を引っ張る形になったバンドという位置付が正解なのかもしれない。

トラフィックの作品
年度 作品名 レーベル
1967 MR,FANTASY
1968 TRAFFIC
1969 THE BEST OF TRAFFIC
 1969 LAST EXIT  
1970 JOHN BARLEYCORN MUST DIE
1971 THE LOW SPARK OF HIGH HEELED BOYS
1973 SHOOT OUT AT THE FANTASY FACTORY
1974 WHEN THE EAGLE FLY
1994 FAR FROM HOME
アーティスト名
シド・バレット
ジュリアン・コープ
トラフィック
ザ・フー
スタイル・カウンシル
キング・クリムゾン
ローリング・ストーンズ
ロニー・ウッド
エコー&ザ・バニーメン
ピーター・ガブリエル
ジェフ・ベック
エルヴィス・コステロ
ザ・ポリス
スクリッティ
・ポリッティ
デビッド・ボウイ
キンクス
ザ・クラッシュ 
スージー
&ザ・バンシーズ
ザ・キュア
イアン・デューリー
ザ・ジャム
レッド・ゼッペリン
フェイセズ
クリーム
XTC
 MAGAZINE
(C)2005-2017 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載