アンクルマツのCDガイド     ジェフ・ベックのCDガイド 最新更新日2016年10月16日 更新履歴 索引
ジェフ・ベック
ブリティッシュ&ヨーロッパのCD
アンクルマツのCDガイド
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
BLACK MUSIC
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
JAZZ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
 サイト制作記
ジェフ・ベック、ショートストーリー
エリック・クラプトン脱退後のヤードバーズに2代目のギタリストとして参加。当時あまりにも汚い格好のためマネジャーのジョルジョ・ゴメルスキー(悪名高き)が洋服からすべて買い与え参加させたという逸話をもつほどのギター馬鹿だったそうだ。もうほとんど「オタク」の世界にいるといってでもよい人なので基本的にわがままの塊でも有名になっていく。ヤードバーズ時代の作品は「ロジャー・ジ・エンジニア」にベック独特の奏法が現れていく。FEED BACKを大胆に収録してみたり、そのもつテクニックを強引に押し込んだギター奏法のアイディアの宝庫「ジェフズ・ブギー」を含んでいます。またこのアルバムでは「NAZZ ARE BLUE」で歌ったりもしています。その後グループは映画「BLOWUP」(邦題「欲望」)に出演。その出演シーンではギター破壊(日本製のギター使用)を演じたりもする。この時の曲「ストロール・オン」はその後元歌の「トレイン・ケプト・ア・ローリン」として後によくカバーされている。(とはいえヤードバーズ自体が昔のブルースを改作したのだが・・・)その後グループの方向と全くあわなくなり脱退。その後スーパーグループといわれた「JEFF BECK GROUP」結成。ロッド・スチュワートそして現ローリング・ストーンズのロニー・ウッドらが在籍した。ちなみにとにかくこのグループ、何といっても音がでかい。当然うまくいかなくなり解散。レコード会社の思惑とも合わずベック笑う。(・・・・この当時のシングル盤は正直本人頭痛ものだったろう) この後メンバー一新したジェフ・ベック・グループ再編。メンバー探しのため日々奔走「ダーリン・オブ・ディスコテック」という称号までつけられてしまう。なかなか手堅い作品(この当時が最高と評する人もいる)を2枚だした後予定通り(爆笑)解散。本当にもたない。続けて第2回目のスーパーグループ BECK、BOGERT & APPICE結成。ほとんどあっという間に解散。そうしてようやくソロ活動へ移行する。70年代中期において(特にアメリカ東海岸)でジミ・ヘンドリックス等の再評価が始まった時期とも重なり、ジェフ・ベックの待望といってもいいギター・アルバムが発売。この「BLOW BY BLOW」が大ヒットし、ようやく彼の方向性が確定していく。その後もコノ路線で進むものも、やはりどうしてもマンネリ化は避けられずパンクやニューウェイブによる過去のロック否定路線が中心になったこともありメインストリームからは姿を消してゆく。ミック・ジャガーのソロ・アルバムに参加するもツアー途中に脱退するなど相変わらずの行動が目立つ。「FLASH]ではひさびさにロッド・スチュワートとの共演を果たすものの・・・・・・・・・・・・ということです。 とは言え昔のギター小僧憧れのスーパースターであった事は確かです。 大量にコピーしたが、この人の持ち味は一音一音考え抜かれた曲を盛り上げる技が豊富であり、奏法的にはいろいろなギター奏法の要素を取り入れ、かつそれらを攻撃的にかつ叙情的に表現するエフェクトの面に優れています。そしてその最大のものとしては「ミス・トーン」の有効利用というものがあります。音楽としてどうなのかを重要な問題として捉えそれを表現していくという感じです。基本的にはブルースというよりもこの人はソウルの優れたギタリストという感じです。とくに第2期のジェフ・ベック・グループからBBA,そしてワイアードあたりまではそれらの最良の部分が表現されています。聞いて、弾いて感じるこれが王道でしょう。 ちなみにいまさらヤードバーズ時代を聞いても仕方がないような気もしますが。ベック奏法のコピーが目的なら「ROGER THE ENGINNER」から「WIRED」までは聞くべき。聞くだけならば「ROUGH&READY」から「THERE&BACK」までで充分かも知れません。私が一番コピーした(そんなことはどうでもよいか・・)ジェフ・ベック知る必要はあります。
ジェフ・ベックの作品
年度 作品名 レーベル
1967 FOR YOUR LOVE (YARDBIRDS)
1968 THE YARDBIRDS (ROGER THE ENGINER)
1969 TRUTH (JEFF BECK GROUP)
1969 BECK-OLA(JEFF BECK GROUP)
1970 ROUGH&READY (JEFF BECK GROUP)
1970 JEFF BECK GROUP
1972 BECK BOGERT & APPICE
1972 BECK BOGERT & APPICE LIVE
1975 BLOW BY BLOW
1976 WIRED
1977 JEFF BECK WITH JAN HAMMER GROUP LIVE
1980 THERE AND BACK
1985 FLASH
1989 GUITAR SHOP
1999 WHO ELSE!
2001

YOU HAD IT COMING

2003 JEFF
2005 JEFF BECK LIVE
2006 JEFF BECK LIVE
アーティスト名
シド・バレット
ジュリアン・コープ
トラフィック
ザ・フー
スタイル・カウンシル
キング・クリムゾン
Rストーンズ
ロニー・ウッド
エコー
&ザ・バニーメン
ピーター・ガブリエル
ジェフ・ベック
エルヴィス・コステロ
ザ・ポリス
スクリッティ
・ポリッティ
デビッド・ボウイ
キンクス
スージー
&ザ・バンシーズ
ザ・キュア
イアン・デューリー
ザ・ジャム
レッド・ゼッペリン
フェイセズ
クリーム
XTC
(C)2005-2017 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載