アンクルマツのCDガイド     ジュリアン・コープのCDガイド 最新更新日2016年12月25日 更新履歴 索引
ジュリアン・コープ
ブリティッシュ&ヨーロッパのロックのCD
アンクルマツのCDガイド
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
ブラックミュージック
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
ジャズ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
 サイト制作記
ジュリアン・コープ、ショートストーリー
1980年代初頭のニューウェイブの勃興があったときのリバプール派のひとつの流れのなかの中心にエコー・アンド・ザ・バニーメンと一緒に出てきたのがティアドロップ・エクスプローズであった。その中心であったのがジュリアン・コープ。バンド自体は2枚だして消滅。脱退していたジュリアン・コープはニューウェイブの中心としてバニーメンとともに注目を浴びていった。雰囲気がサイケそのものでシド・バレット的なものがあったのでその部分でも注目をされていた。彼に関してはソロ第2作で日本でも大きく注目を浴びるようにになったというのが本当のところだろう。そしてその勢いで来日。日比谷野音でのライブは凄まじく、追加として何気にやったライブは会場ガラガラでまあ好きに過ごさせてもらった記憶がいまだにある。その昔の渋谷のライブインがまあ懐かしいね。
その後も地道にの感じがあったが現状は??まあ私が知らないだけなのだろう。
だが過去のサイケの影響をかなり強く受けた部分が大きく、そのあたりから抜け出せなかったというのが現実だったな。そして確か当時は麻薬中毒となりそのあたりから・・・・実際はどうなのかはわからない。しかしティアドロップエクスプロージョンやデビュー当初の作品はいまだに有効。バンドのキレの良さと当時の先走り感がいまだに不滅の状況。
ネオサイケ系好きにはおすすめ。気楽に楽しめる部分も間違いなくあるが・・・・・・・
ジュリアン・コープの作品
年度 作品名 レーベル
1984 WORLD SHUT YOUR MOUSE VAERTIGO
1984 FRIED MERCURY
1988  MY NATION UNDERGROUND ISLAND
1991 PEGGY SUISIDE ISLAND
AUTOGEDDON
ティアドロップ・エクスプローズ
KILLMANJARO ZOO
WILDER ZOO
THE COLLECTION
アーティスト名
シド・バレット
ジュリアン・コープ
トラフィック
ザ・フー
スタイル・カウンシル
キング・クリムゾン
ローリング・ストーンズ
ロニー・ウッド
エコー&ザ・バニーメン
ピーター・ガブリエル
ジェフ・ベック
エルヴィス・コステロ
ザ・ポリス
スクリッティ・ポリッティ
デビッド・ボウイ
キンクス
 ザ・クラッシュ
スージー&ザ・バンシーズ
ザ・キュア
イアン・デューリー
ザ・ジャム
レッド・ゼッペリン
フェイセズ
クリーム
 MAGAZINE
(C)2005-2017 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載