ルー・リードのCDガイド ルー・リード(ロックの幻想) 最新更新日2007年7月16日 更新履歴 索引
ルー・リード 1st
アメリカンロックのCD

アンクルマツのCDガイド
ルー・リードのCD
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
ブラックミュージック
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
ジャズ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
サイト制作記
ルー・リード

8ルー・リードのヴェルベット・アンダー・グラウンド解散後の最初の作品です。日本盤は大げさな邦題がついていますが、これは完全に内容とは関係なくその当時の情報が全くない状況で雰囲気でつけられてものなのでしょう。この作品は根本的にはルー・リードのローデッドに続く作品として製作されていたものなのですが、結局バンドはルーが抜け完全に骨抜き状況になり、その作品の大部分がルーのものであったが為このような形でのソロ・デビューとなっている。そのような状況だけに作品全体にまとまりを期待するほうが無理なのですが曲自体は水準の高いものが多くその後も演奏されていたり、再録音されて別の作品に収録されていたりする。しかし無理に作った作品でもあるので最初からこの作品を聞くのはやめるほうが無難です。ある程度他の作品を聞いてから過去を振り返るみたいに聞く方がよいでしょう。何故かイエスのスティーヴ・ハウとリック・ウェイクマンが参加。ルー・リードらしさはあるもののまだそんなに彼の個性が強く出ているわけでもない作品だ。まあ結構悪くはないので彼が気に入ったら聞きましょう。Oceanは名曲だ。

曲目
1.I Can't Stand It
2.Going Down
3.Walk and Talk It
4.Lisa Says
5.Berlin
6.I Love You
7.Wild Child
8.Love Makes You Feel
9.Ride Into the Sun
10.Ocean
ルーリードの作品
ルー・リード
トランスフォーマー
ベルリン
ロックン・ロール・アニマル
サリー・キャント・ダンス
ルー・リード・ライブ
メタル・マシーン・ミュージック
コニー・アイランド。ベイビー
ロックン・ローツ・ハート
ストリート・ハッスル
テイク・ノー・プリズナーズ
ザ・ベルズ
グローイング・アップ・パブリック
ブルーマスク
レジェンダリー・ハート
ライブ・イン・イタリー
ニュー・センセーションズ
ミストライアル
ニューヨーク
ソングス・フォー・ドレラ
マジック・アンド・ロス
セット・ザ・トワイライト
ライブ・イン。ロンドン
エクスタシー
アメリカン・ポエット
レイブン
レ・バラクラン72
アニマル・セレナーデ
アーティスト名
ルー・リード
ヴェルベットアンダーグラウンド
グレイトフル・デッド
ザ・バンド
ボブ・デュラン
トーキング・ヘッズ
エレクトリック・フラッグ
オールマン・ブラザース
ジミ・ヘンドリックス
ドアーズ
ロビー・ロバートソン
リック・ダンコ
CSN&Y
ジョニ・ミッチェル
R・H・チリペパーズ
デビッド・バーン
ジェリー・ハリソン
エイドリアン・ブリュー
アンビシャス・ラヴァース
ポールバタフィールド・
ブルースバンド
(C)2005-2019 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載