ルー・リードのCDガイド ザ・ベルズ 最新更新日2017年5月24日 更新履歴 索引
ザ・ベルズ
アメリカンロックのCD

アンクルマツのCDガイド
ルー・リードのCD
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
ブラックミュージック
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
ジャズ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
 サイト制作記
THE BELLS
 賑やかに楽しそうに作られた作品。
そう、本当に賑やかでルーの作品とは思えない感覚に襲われる作品だ。残念ながら・・・・・・と、いう感じでそれが全く生きていない。誰が考えたのこの作品?と思いつつ、プロデューサーはルー本人だが、何気ににエギゼクティヴ・プロデューサーの名前が・・・何かしら考えて作ってみました!と、いうことがこの作品の本当のところなのだろう。だが伝わってくるものはほぼ何もなし。要するにこの手の作品って結構作られているということもあるが・・・・それ以上に曲が彼にものとは思えない雰囲気に満ち溢れて締まっているのだ。要するにやりすぎてしまいましたということなのだろう。
ちょっと作風の違うものを。。。何か、考えてみようかなで思わず周りをみて試してしましましたと、いう感じなのだろうか?
とにかくはベースが跳ねすぎ。彼に全く合わないのが本当に参る。歌い騒ぐという作品でも作ったつもりなのだろう。だが全く似合わなかった。曲もこれではありがちというだけだろう。
いろいろ試してみた居るが実らずって要するに軽く思わず煮詰まってしまい、とりあえずは作ってしまったのだろうか?瞬間瞬間にかれが戻ってくる瞬間があったりもするのだが・・・全体は・・・・・無念。残念そのものの作品だ。

曲目
1.STUPID MAN
2.DISCO MYSTIC
3.I WANT TO BOOGIE WITH YOU
4.WITH YOU
5.LOOKING FOR LOVE
6.CITY LIGHTS
7.ALL THTOUGH THE NIGHT
8.FAMILIES
9.THE BELLS
ルー・リードの作品
ルー・リード
トランスフォーマー
ベルリン
ロックン・ロール・アニマル
サリー・キャント・ダンス
ルー・リード・ライブ
メタル・マシーン・ミュージック
コニー・アイランド。ベイビー
ロックン・ロール・ハート
ストリート・ハッスル
テイク・ノー・プリズナーズ
ザ・ベルズ
グローイング・アップ・パブリック
ブルーマスク
レジェンダリー・ハート
ライブ・イン・イタリー
ニュー・センセーションズ
ミストライアル
ニューヨーク
ソングス・フォー・ドレラ
マジック・アンド・ロス
セット・ザ・トワイライト
ライブ・イン・ロンドン
エクスタシー
アメリカン・ポエット
ザ・レイブン
レ・バラクラン72
アニマル・セレナーデ
アーティスト名
ルー・リード
ヴェルベット・アンダーグラウンド
グレイトフル・デッド
ザ・バンド
ボブ・デュラン
トーキング・ヘッズ
エレクトリック・フラッグ
オールマン・ブラザース
ドアーズ
ジミ・ヘンドリックス
ロビー・ロバートソン
リック・ダンコ
CSN&Y
ジョニ・ミッチェル
R・H・チリペパーズ
 デビッド・バーン
 ジェリー・ハリスン
 エイドリアン・ブリュー
(C)2005-2017 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載