ルー・リードのCDガイド ザ・レイブン 最新更新日2016年11月2日 更新履歴 索引
ザ・レイブン
アメリカンロックのCD

アンクルマツのCDガイド
ルー・リードのCD
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
ブラックミュージック
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
ジャズ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
 サイト制作記
THE RAVEN
正直、ルー・リードのファンの方にはほとんど、どーでもいいような作品だ。歌劇のサウンドトラック。それで全体が???の状況であったりする。彼の本来の姿はいったいどこに?ローリー・アンダーソンの悪影響という見方でもいいのかもしれない。
そう、全くもってエドガー・アラン・ポーがどういう人であれ(まあ、基本的には知っている人が多いわけだが・・・・年齢層にもよるな。)ちょっと他人の世界のお手伝いが彼には全く似合わないということに証明の作品。これがルーの名前のないところであれば・・・・・それ以上にこれって本当に???という疑惑も・・・これは書いている本人がバカだな。だが本当にルーの世界の中にいることが目的であるのだったら、まあ気が向いたときに、それ以上になんとなく違うものが・・・だったら聞くなになるが・・・だが時折かれが帰ってくるときがある Blind Rageなどがその典型だが・・・だが何かが違うように聞こえてくるのは音楽全体を誰かが支配してしまっているからなのだろうな。ここにはルー・リードの世界は残念ながらない・・・なんだろう、ロンドンの霧の中でさまよい歩く的雰囲気が・・・と、すると目的は果たしているかもしれない。そうなると別にこの作品がルー・リード制作の必要性はまったくなくなるのだが・・・・うーむ。。。。。。なんだろう????
曲目
1.Overtune
2.EdgarAllam Poe
3.Call ON Me
4.The Valley Of Unrest
5.A Thousand Daparted Freind
6.Change
7.The Bed
8.Perfect Day
9.The Raven
10.Balloon
11.Broadway Song
12.Blind Bridge
13.Burning Embers
14.Vanising Act
15.Guilty
16.I Wanna Know(The Pit and the Pendulum)
17.Science of the Mind
18.Hop Frog
19.Tripitena's Speech
20.Who Am I ?(Tripitena's Song)
21.Guardian Angel
ルー・リードの作品
ルー・リード
トランスフォーマー
ベルリン
ロックン・ロール・アニマル
サリー・キャント・ダンス
ルー・リード・ライブ
メタル・マシーン・ミュージック
コニー・アイランド。ベイビー
ロックン・ローツ・ハート
ストリート・ハッスル
テイク・ノー・プリズナーズ
ザ・ベルズ
グローイング・アップ・パブリック
ブルーマスク
レジェンダリー・ハート
ライブ・イン・イタリー
ニュー・センセーションズ
ミストライアル
ニューヨーク
ソングス・フォー・ドレラ
マジック・アンド・ロス
セット・ザ・トワイライト
ライブ・イン。ロンドン
エクスタシー
アメリカン・ポエット
ザ・レイブン
レ・バラクラン72
アニマル・セレナーデ
アーティスト名
ルー・リード
ヴェルベット・アンダーグラウンド
グレイトフル・デッド
ザ・バンド
ボブ・デュラン
トーキング・ヘッズ
エレクトリック・フラッグ
オールマン・ブラザース
ドアーズ
ジミ・ヘンドリックス
ロビー・ロバートソン
リック・ダンコ
CSN&Y
ジョニ・ミッチェル
R・H・チリペパーズ
 デビッド・バーン
 ジェリー・ハリスン
 エイドリアン・ブリュー
(C)2005-2017 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載