グレイトフル・デッドのCDガイド  ウェイク・オブ・ザ・フラッド 最新更新日2007年7月21日 更新履歴 索引
ウェイク・オブ・ザ・フラッド
アメリカンロックのCD

アンクルマツのCDガイド
グレイトフル・デッドのCD
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
ブラックミュージック
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
ジャズ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
 サイト制作記
 
 
ウェイク・オブ・ザ・フラッド
グレイトフル・デッド・レーベルからの第2弾の作品。のどかなイナタイ雰囲気の「Mississippi Half-Step Uptown Toorledo」から始まり、その後もアメリカン・フレーバーあふれる作品になっている。前作の「Blues For Allah」とはちょっと違いどちらかと言えば緩い演奏が続きます。スライドの伸びを生かした、ジェリー・ガルシアのギターがとても印象的に聞こえます。全体的にはギターのノンエフェクトであろうかといった感じでそれを生かしきった作品が多く、とにかく全体に瑞々しさに感じさせる音になっています。バンド全員で作った弾き語り作品とでも表現できそうな不思議な肌触りがあったりもするがベーシックな土の香りがする堅実な演奏で表現された目立たないがなんとなく美しさがある作品です。「Help On The Way」の続編のような「Eyes of The World」がより足元を固めがっちりとした演奏で迫ってくる。グレイトフル・デッドの隠れた名作とでも表現できそうな堅実な作品だ。ジェリー・ガルシアが好きな人にはこの作品は最高だろうが、土着的曲が嫌な人には最悪の作品かもしれない。録音状態は最高によくデッドの美しいコーラスもこの作品をよりよく仕上げるのに役に立っている。
曲目
1.MISSISSIPPI HALF-STEP UPTOWN TOODLEDO
2.LET ME SING YOUR BLUES AWAY
3.ROW JIMMY
4.STELLA BLUE
5.HERE COMES SUNSHINE
6EYES OF THE WORLD
7.WEATHER REPORT SUITE
 PRELUDE
 PART1
 PART2 LET IT GROW
グレイトフル・デッドの作品
ザ・グレイトフル・デッド
アンセム・オブ・ザ・サン
アオクソモクソア
ライブ・デッド
ウォーキングマンズ・デッド
アメリカン・ビューティ
グレイトフル・デッド
ヨーロッパ’72
ヒストリーオブ
ウェイク・オブ・ザ・フラッド
フロム・ザ・マース・ホテル
ブルース・フォー・アラー
スティール・ユア・フェイス
テラピン・ステイション
シェイクダウン・ストリート
ゴー・トゥ・ヘブン
レコニング
デッド・セット
イン・ザ・ダーク
ヂュラン&ザ・デッド
ビルト・トゥ・ラスト
ウィズアウト・ア・ネット
ONE FROM THE VALUT
 SO MANY ROADS 1965-1995
アーティスト名
ルー・リード
ヴェルベットアンダーグラウンド
グレイトフル・デッド
ザ・バンド
ボブ・デュラン
トーキング・ヘッズ
エレクトリック・フラッグ
オールマン・ブラザース
ジミ・ヘンドリックス
ドアーズ
ロビー・ロバートソン
リック・ダンコ
CSN&Y
ジョニ・ミッチェル
R・H・チリペパーズ
デビッド・バーン
ジェリー・ハリソン
エイドリアン・ブリュー
アンビシャス・ラヴァース
ポールバタフィールド・
ブルースバンド
(C)2005-2020 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載