グレイトフル・デッドのCDガイド  ブルース・フォー・アラー 最新更新日2007年7月21日 更新履歴 索引
ブルース・フォー・アラー
アメリカンロックのCD

アンクルマツのCDガイド
グレイトフル・デッドのCD
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
BLACK MUSIC
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
JAZZ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
サイト制作記
ブルース・フォー・アラー
グレイトフル・デッド・レーベルから出た3枚目の作品です。なんとも意味ありげなタイトルですが内容はどちらかと言えば適度な洗練を感じさせる楽器の絡みが素晴らしいデッドのよさが出たアメリカン・ロックの隠れた傑作といえる作品です。またジェリー・ガルシアの素晴らしく感情移入されそして伸びやかで艶やかなギターがこの作品をよりいっそう魅力的なものにしています。特に1曲目の「HELP ON THE WAY」と組曲風に演奏部分を強調した「SLIP KNOT!」は本当にこのバンドの真髄を表現した素晴らしい演奏です。ここで聞かれるサウンドはスタジオライブ的な感覚があり目の前でデッドが演奏しているかのような気持ちになります。バンドないが本当によく固まっているせいか演奏に緊張感と隙のない絡みがとても魅力的です。また世界最高のライブ・バンドであるかを証明しているかのような演奏でもあります。「THE MUSIC NEVER STOPPED」はまるでザ・バンドの演奏を聴いているようかの感じで後にボブ・ディランとツアーに出た好評を博したのもこの辺りの音楽性の共通性があったからなのかもしれません。しかしリズムセクションの絡みは完璧なような気がする。よくここまで全体を絡ませることができるなあというのが素直な感想だ。「SAGE&SPIRIT」はまるで映画のサウンドトラックのような感じだ。タイトル曲の「BLUES FOR ALLAH」はタイトルそのままにアラビア風の曲だ。これに付随する「SAND CASTLES&GLASS CAMEL」はダークスター的な感覚の曲であり最終曲の「UNUSUAL OCCURRENCES IN THE DESERT」はなんとなくふんわりとした感覚の曲でこの組曲風作品をうまく着地させている。ちなみのこの作品は完全に「ONE FROM THE VAULT」でライブ演奏されたものが収録されている。しかしユニークな作品だ。
曲目
1.HELP ON THE WAY / SLIP KNOT
2.FRANKLIN'S TOWER
3.KING SOLOMON'S MARBLES
 PART1 STRANGER THAN DIRT
 PART2 MILKIN' THE TURKEY
4.THE MUSIC NEVER STOPPED
5.CRAZY FINGERS
6.SAGE & SPIRIT
7.BLUES FOR ALLAH

 SAND CASTLES & GLASS CAMELS

 UNUSUAL OCCURRENCES IN
 THE DESSERT
グレイトフル・デッドの作品
ザ・グレイトフル・デッド
アンセム・オブ・ザ・サン
アオクソモクソア
ライブ・デッド
ウォーキングマンズ・デッド
アメリカン・ビューティ
グレイトフル・デッド
ヨーロッパ’72
ヒストリーオブ
ウェイク・オブ・ザ・フラッド
フロム・ザ・マース・ホテル
ブルース・フォー・アラー
スティール・ユア・フェイス
テラピン・ステイション
シェイクダウン・ストリート
ゴー・トゥ・ヘブン
レコニング
デッド・セット
イン・ザ・ダーク
ヂュラン&ザ・デッド
ビルト・トゥ・ラスト
ウィズアウト・ア・ネット
ONE FROM THE VALUT
 SO MANY ROADS 1965-1995
アーティスト名
ルー・リード
ヴェルベットアンダーグラウンド
グレイトフル・デッド
ザ・バンド
ボブ・デュラン
トーキング・ヘッズ
エレクトリック・フラッグ
オールマン・ブラザース
ジミ・ヘンドリックス
ドアーズ
ロビー・ロバートソン
リック・ダンコ
CSN&Y
ジョニ・ミッチェル
R・H・チリペパーズ
デビッド・バーン
ジェリー・ハリソン
エイドリアン・ブリュー
アンビシャス・ラヴァース
ポールバタフィールド・
ブルースバンド
(C)2005-2020 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載