グレイトフル・デッドのCDガイド  ユーロップ’72 最新更新日2016年11月22日 更新履歴 索引
EUROPE'72
アメリカンロックのCD

アンクルマツのCDガイド
グレイトフル・デッドのCD
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
ブラックミュージック
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
ジャズ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
 サイト制作記
EUROPE'72
非常にまとまりのよいライブ盤。本気でここまで完璧にまとまるバンドがあるのだ・・・・・という感じさえも受けてしまうまとまりのよさだ。とにかくはギターを中心の据えてその中で歌を作りあげ、バンドとしての音を作り上げていき、いったいで表現をするという部分が完全に成り立っているからできることなのだろう。
リズムにとにかく乱れがないというところにこのバンドまとまりの良さが出ているのだろう。
ライブ盤となっているが、会場での音を取ったような感じではなくその会場でバンドだけの音をとったようだ。聞こえてくるのはスタジオライブをかなり広く音響がうまく響き渡る場所といった感じの中での録音なのだろう。
とにかくは歌がひたすらまとまっている。ここまで聞きやすいヴォーカルの声というのも珍しいのではないだろうか?
ギターの音もその他のバンドの音も完全に一体化している。
各人で弾いているものを録音している音であることは間違いないわけだがとにかく完全に全部の音がいったいになって聞き手に迫ってくる。コーラスは美しいという表現が似合いそうだ。
史上最高のアメリカンロックバンドの大会場でのスタジオライブという聞き方が一番正解なのかもしれない。ひたすら音が綺麗に迫ってくる。生で見たかったな・・・・・・・・・・
曲目
DISC1
1.Cumberland Blues
2.He's Gone
3.One More Saturday Night
4.Jack Straw
5.You Win Again
6.China Cat Sunflower
7.I know You Rider
8.Brown-Eyed Woman
9.Hurts Me Too
10.Ramble On Rose
DISC2
1.Sugar Magnolia
2.Mr.Charlie
3.Tennessee Jed
4.Truckin'
5.Epilogue
6.Prelude
7.(Walk Me Out In The)Morning Dew
グレイトフル・デッドの作品
ザ・グレイトフル・デッド
アンセム・オブ・ザ・サン
アオクソモクソア
ライブ・デッド
ウォーキングマンズ
・デッド
アメリカン・ビューティ
グレイトフル・デッド
ヨーロッパ’72
ヒストリーオブ
ウェイク・オブ・
ザ・フラッド
フロム・ザ・
マース・ホテル
ブルース・フォー
・アラー
スティール・ユア
フェイス
テラピン・ステイション
シェイクダウン・
ストリート
ゴー・トゥ・ヘブン
レコニング
デッド・セット
イン・ザ・ダーク
デュラン&ザ・デッド
ビルト・トゥ・ラスト
ウィズアウト・ア・ネット
アーティスト名
ルー・リード
ヴェルベット・アンダーグラウンド
グレイトフル・デッド
ザ・バンド
ボブ・デュラン
トーキング・ヘッズ
エレクトリック・フラッグ
オールマン・ブラザース
ドアーズ
ジミ・ヘンドリックス
ロビー・ロバートソン
リック・ダンコ
CSN&Y
ジョニ・ミッチェル
R・H・チリペパーズ
 デビッド・バーン
 ジェリー・ハリスン
エイドリアン・ブリュー
 
(C)2005-2017 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載