グレイトフル・デッドのCDガイド  グレイトフル・デッド 1st 最新更新日2007年7月21日 更新履歴 索引
ザ・グレイトフル・デッド1st
アメリカンロックのCD

アンクルマツのCDガイド
グレイトフル・デッドのCD
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
ブラックミュージック
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
ジャズ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
サイト制作記
グレイトフル・デッド 1st
グレイトフル・デッドのファースト・アルバム。当初メジャーでのデビューを嫌がっていたデッドを口説き落としなんとか製作したのがこの作品。デビュー前からアンダーグラウンド・シーンで高い評価を得ていたバンドだけに演奏力等はこの時期で既に完成されている。内容は基本的にはブルージーな感じのあるアメリカンロック。聞きなれるまではなんだか地味な感じで聞きづらいと思うのではないかと思います(私も当初そうだった。)ただ彼らの音世界にはいり、その音の深さ等が理解できてくると全く見方が変わってしまう作品だ。この作品のリマスター前のヴァージョンに入っている曲は彼らのライブにおける重要なレパートリーを多く含んでいる(というかライブ盤があまりにも多いのでほとんどが重要な・・・ということになりかねないのだが)アメリカの緩いロックは駄目だという人には全く向きませんので要注意。しかしこの緩さの中にあってもジェリー・ガルシアの音は光輝いている。ただし緩いといっても核心部分はかなり鋭い刃をもったようなつくりになっており平凡なアメリカン・ロックのバンドとは大きく隔たりがある。かめばかむほどに良くなる作品だ。
曲目
1 THE GOLDEN ROAD(TO UNLIMITED DEVOTION)
2 BEAT IT ON DOWN THE LINE
3 GOOD MORNING LITTLE SCHOOL GIRL
4 COLD RAIN AND SHOW
5 SITTING ON TOP OF THE WORLD
6 CREAM PUFF WAR
7 MORNING DEW
8 NEW NEW MINGLEWOOD BLUES
VIOLA LEE BLUES
グレイトフル・デッドの作品
ザ・グレイトフル・デッド
アンセム・オブ・ザ・サン
アオクソモクソア
ライブ・デッド
ウォーキングマンズ・デッド
アメリカン・ビューティ
グレイトフル・デッド
ヨーロッパ’72
ヒストリーオブ
ウェイク・オブ・ザ・フラッド
フロム・ザ・マース・ホテル
ブルース・フォー・アラー
スティール・ユア・フェイス
テラピン・ステイション
シェイクダウン・ストリート
ゴー・トゥ・ヘブン
レコニング
デッド・セット
イン・ザ・ダーク
ヂュラン&ザ・デッド
ビルト・トゥ・ラスト
ウィズアウト・ア・ネッ
ONE FROM THE VALUT
SO MANY ROADS
1965-1995
アーティスト名
ルー・リード
ヴェルベットアンダーグラウンド
グレイトフル・デッド
ザ・バンド
ボブ・デュラン
トーキング・ヘッズ
エレクトリック・フラッグ
オールマン・ブラザース
ジミ・ヘンドリックス
ドアーズ
ロビー・ロバートソン
リック・ダンコ
CSN&Y
ジョニ・ミッチェル
R・H・チリペパーズ
デビッド・バーン
ジェリー・ハリソン
エイドリアン・ブリュー
アンビシャス・ラヴァース
ポールバタフィールド・
ブルースバンド
(C)2005-2020 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載