グレイトフル・デッドのCDガイド  アオクソモクソア 最新更新日2013年5月6日 更新履歴 索引
アオクソモクソア
アメリカンロックのCD

アンクルマツのCDガイド
グレイトフル・デッドのCD
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
ブラックミュージック
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
ジャズ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
サイト制作記
アオクソモクソア

3枚目のアルバム。歌詞がバンドメンバーではないロバート・ハンター。またしても実験的アルバムとなっていく。ライブでよく演奏されるSt.Stephen等が収録されている。現行CDは1971年にジェリー・ガルシアがリミックスしたもの。オリジナルはわけのわかんない電子音等が入っていたらしい。他の人の作品といおうか電子音による音楽は時間がたつと本当に古ぼけた音にしか聞こえない。きっとジェリー・ガルシアもそう考えたに違いないと思う。本来の演奏を演奏者自身がしっかりと意思を持っている場合演奏者の意思以外の電子音は、ロクなことにはならない。(クリス・ブラックウェルがプロデュースしたボブ・マーリーかな、例えとしては微妙な部分もある)ただこの後先祖帰りをしていくバンドのとっては過渡期のアルバムでしかないような発言はされている。内容は手堅いアーシーなアメリカン・ロック。ここには一切装飾はない。ただ全体に渡りジェリー・ガルシアのギターが冴えまくる。本当にうまい。この艶やかな音はなかなか聞けそうで聞けない。またこのアルバムを聞いていると後年、ボブ・ディランが一緒にライブツアーにでた理由がよく分かるような気がする。現行盤はボーナストラック付き。これもまたなかなか名演。スタジオセッションとライブであるがこれも絶好調時のDEADなのであろう。今回のボーナストラックのみのアルバムを作ると気分が落ち着き、よく眠れるような気がする。

曲目
1.St.Stephen
2.Dupree's Diamond Blues
3.Rpsemary
4.Doin' That Rag
5.Mountain's Of The Moon
6.China cat Sunflower
7.What's Becaome Of The Baby
8.Cosmic Charlie
BONUS TRACKS (LIVE)  
9.Clemetine Jam
10.Nobody's Spoonful Jam
11.The Eleven Jam
12.Cosmic Charie(Live)
グレイトフル・デッドの作品
ザ・グレイトフル・デッド
アンセム・オブ・ザ・サン
アオクソモクソア
ライブ・デッド
ウォーキングマンズ・デッド
アメリカン・ビューティ
グレイトフル・デッド
ヨーロッパ’72
ヒストリーオブ
ウェイク・オブ・ザ・フラッド
フロム・ザ・マース・ホテル
ブルース・フォー・アラー
スティール・ユア・フェイス
テラピン・ステイション
シェイクダウン・ストリート
ゴー・トゥ・ヘブン
レコニング
デッド・セット
イン・ザ・ダーク
ヂュラン&ザ・デッド
ビルト・トゥ・ラスト
ウィズアウト・ア・ネット
ONE FROM THE VALUT
 SO MANY ROADS 1965-1995
アーティスト名
ルー・リード
ヴェルベットアンダーグラウンド
グレイトフル・デッド
ザ・バンド
ボブ・デュラン
トーキング・ヘッズ
エレクトリック・フラッグ
オールマン・ブラザース
ジミ・ヘンドリックス
ドアーズ
ロビー・ロバートソン
リック・ダンコ
CSN&Y
ジョニ・ミッチェル
R・H・チリペパーズ
デビッド・バーン
ジェリー・ハリソン
エイドリアン・ブリュー
アンビシャス・ラヴァース
ポールバタフィールド・
ブルースバンド
(C)2005-2020 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載