ザ・クラッシュのCDガイド SANDINISTA! 最新更新日2017年6月30日 更新履歴 索引
SANDINISTA!
イギリスのロックのCD

アンクルマツのCDガイド
ザ・クラッシュのCD
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
BLACK MUSIC
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
JAZZ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
サイト制作記
サンディニスタ!
柔らかなダブが全編を支配している。ジャケ写とは違いなぜか本当に優しいダブが全編を覆っている。政治的思想とは直接的なかかわりはないようだが、それでもジョーストラマーの政治的な部分がこのタイトル付にはかかわりがあるのかもしれない。もともとは3枚組のアナログLPとして発売されていた。ひたすら音を重視しているような気分でいてもそこはやはりダブを音楽の起点としているわけではない弱さが当然のごとくある。そうクラッシュのダブはやはりもともととは違う場所からののもの。何気にクラッシュの音の柔らかさや優しさの部分が、どうしても軽さの部分につながり、ダブのもともとのものとはちょっと違うものになっている。ブリティッシュ・レゲエの一枚として聞くにはちょっと厳しいのかなという部分もあるが、そういう決まり事やジャンルのことに対するこだわりがなければ、柔らかさが結構魅力になる瞬間もあったりして、決して悪い作品ではない。とてつもなく売れ、サンディニスタという言葉がクラッシュの言葉のようになっている部分もあったりしそうな気もするぐらい話題になったかと。だがとにかくはアナログは3枚組。それが現在は2枚組のCD。全体を流れる雰囲気はダブの持つ印象とは逆の方向に聞こえてくるときもあったりする。そう、やはりジャメイカとは違うのだなということを認識させられたりもする作品だ。最高傑作に等しい取扱いを時々受けていたりもするようだ。だけどやっぱりちょっと軽めかな。。・・・・・
曲目
DISC1
1.THE MAGNIFICENT SEVEN
2.HITSTYALE UK
3.JUNCO PARTNER
4.IVAN MEETS G.I.JOE
5.THE LEADER
6.SOMETHING ABOUT ENGLAND
7.REBEL WALTZ
8.LOOK HERE
9.THE CROOKED BEAT
10.SOMEBODY GOT MURERRED
11.ONE MORE TIME
12.OME MORE DUB
13.LIGHTNING STRIKES (NOT ONCE BUT TWICE)
14.UP IN HEAVEN(NOT ONLY HERE)
15.CORNER SOUL
16.LET'S GO CRAZY
17,.IF MUSIC COULD TALK
18.THE SOUND OF THE SINNERS
DISC2
1POLICE ON MY BACK
2.MIDNIGHT LOG
3.THE EQUALISER
4.THE CALL UP
5.WASHINGTON BULLETS
6.BROADWAY
7.LOSE THIS SKIN
8.CHARLIE DON'T SURF
9MENSFORTH HILL
10.JUNLIE CITY
11.KINGSTON ADVICE
12.THE STREET PARADE
13.VERSION CITY
14.LIVING IN FAME
15.SILICONE ON SAPPHIRE
16.VERSION PARDNER.
17.CAREER OPPORTUNITIES
18.SHEPHERDS DELIGHIT
ザ・クラッシュの作品
THE CLASH
GIVE 'EM ENOUGH ROPE
LONDON CALLING
SANDINISTA!
COMBAT ROCK
CUT THE CLAP
 STORY OF THE CLASH
アーティスト名
シド・バレット
 ジュリアン・コープ
トラフィック
ザ・フー
スタイル・カウンシル
キング・クリムゾン
ローリング・ストーンズ
ロニー・ウッド
エコー&ザ・バニーメン
ピーター・ガブリエル
ジェフ・ベック
エルヴィス・コステロ
ザ・ポリス
スクリッティ・ポリッティ
デビッド・ボウイ
キンクス
 ザ・クラッシュ
スージー
&ザ・バンシーズ
ザ・キュア
イアン・デューリー
ザ・ジャム
レッド・ゼッペリン
フェイセズ
クリーム
XTC
MAGAZINE
(C)2005-2017 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載