ジェフ・ベックのCDガイド  JEFF 最新更新日2017年11月18日 更新履歴 索引
JEFF
イギリスのロックのCD

アンクルマツのCDガイド
ジェフ・ベックのCD
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
BLACK MUSIC
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
JAZZ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
サイト制作記
ジェフ
若き日のジェフ・ベックよりもはるかに若い感じ聞こえてくるソンでもなく疾走感に満ち溢れた、本気で凄まじい作品だ。ヤードバーズ時代からでもここまで乗りまくりでとなると結構数は限られた感じになるはずだが、それらよりも疾走感があふれている真剣に凄まじくも若い作品がここにあるという表現が一番正しくなりそうな、疾走感あふれる見事な作品だ。ビートの作りかたが若いということもあるのかもしれないが、そのビートに全く弾けをとらずに前に進んでいく姿は、昔からのジェフが一切変わっていないということを表現しているように思えてくる。しかし本当に彼のギターの音は変わらない。そう結局弾き方が基本一切変わっていないことの表現、というか表明聞こえてきてしまうのが不思議なところだ。大昔のブリティッシュ三大ギタリスト時代よりもはるかに疾走感があり、そこにあるパワーもますます増しているかのような音でここで表現されている。フィードバック音は変わらず相変わらずであり、細かなカッティングや様々なスタイるのギターの表現を示しそれを合算させていくことができる。本気で凄まじくも表現力豊かだからこそできる技なのだろう。いまだにトップギタリストであることの証明をした作品といっていもいいのかもしれない。いやあ、だが細かい音の細かさとそのカッティングの凄さ!いまあ、いまだに凄まじきギタリストだ!
曲目
1.SO WHAT
2.PLAN B
3.PORK-U-PINE
4.SEASONS
5.TROUBLE MAN
6.GREASE MONKEY
7.HOT ROD HONEYMOON
8.LINE DANCING WITH MONKEYS
9. JB'S BLUES
10.PAY ME NO MIND(JEFF BECK REMIX)
11.MY THING
12.BULGARIA
13.WHY LORD OH WHY?
ジェフ・ベックの作品
フォー・ユ・ラブ
ロジャージエンジニア
トゥルース
ベック・オラ
ラフ&レディ
ジェフ・ベック
・グループ
BBA
BBA LIVE
ブロウ・バイ・ブロウ
ワイアード
ベック・ヤン・ハマー
・ライブ
ゼア&バック
フラッシュ
ギター・ショップ
フーエルス!
ユー・ハド・
イット・カミング
ジェフ
ジェフ・ライブ1
ジェフ・ベック2
アーティスト名
シド・バレット
ジュリアン・コープ
トラフィック
ザ・フー
スタイル・カウンシル
キング・クリムゾン
ローリング・ストーンズ
ロニー・ウッド
エコー
&ザ・バニーメン
ピーター・ガブリエル
ジェフ・ベック
エルヴィス・コステロ
ザ・ポリス
スクリッティ
・ポリッティ
デビッド・ボウイ
キンクス
スージー
&ザ・バンシーズ
ザ・キュア
イアン・デューリー
ザ・ジャム
レッド・ゼッペリン
フェイセズ
クリーム
XTC
(C)2005-2017 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載