エコーアンドザバニーメンのCDガイド ヘブン・アップ・ヒア 最新更新日2016年8月4日 更新履歴 索引
Heaven Up Here
イギリスのロックのCD

アンクルマツのCDガイド
エコー&ザ・バニーメンのCD
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
ブラックミュージック
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
ジャズ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
 サイト制作記
Heaven Up Here
なにやら冷たい氷の中から音が・・・・・・そう、ジャケット通りの音が出てくる。その中から全体に音が広がりギターが連動していく。そういう氷の物語的な音がテーマのような作品だ。
この先のポーキュパインの前哨戦のような音だ。当時はまだ完全に注目される前。ニューウェイブの勃興期の音の一つだ。基本はネオサイケという分類でもここまでは問題がないかと。
とにかくは地面の下からの突き上げてくるような音が延々と続く。そして彼らの代表曲の一つ「Over The Wall」が始まる。この先の彼らの演奏できわめて重要な位置を占めていく曲だ。とにかく突き上げて前に進むという意図が強く感じられる作品だ。
バンドは各人の音を的確に確実に伝えるという意思を表明している感じしかないような状況で音のまとまりがあるので、結構、強力な音作りになっていっている。演奏力が強烈にあるわけではないのだが、とにかく何をしたいのか何を伝えたいのかが明確なことですべてを最高に伝えることに成功している。作品としてのまとまりのあるものとしての体裁を整えるのはまだ始まったばかりの印象が強いが演奏の鋭さや、ジャケ通りの冷たさは十二分に伝わってくる。はたしてどこにいくのだろうか?そういった印象を強く感じさせる流浪の旅の開始の作品といったところか?しかし強烈な旅立ちだ。
曲目
1.Show Of Strength
2.With A Hip
3.Over The Wall
4.It Was A Pleasure
5.A Promise
6.Heaven Up Here
7.The Disease
8.All My Colours
9.No Dark Things
10.Turquose Days
11All I Want
エコーアンドザバニーメン
の作品
クロコダイルズ
ヘブン・アップ・ヒア
ポーキュパイン
オーシャンレイン
アーティスト名
シド・バレット
 ジュリアン・コープ
トラフィック
ザ・フー
スタイル・カウンシル
キング・クリムゾン
ローリング・ストーンズ
ロニー・ウッド
エコー&ザ・バニーメン
ピーター・ガブリエル
ジェフ・ベック
エルヴィス・コステロ
ザ・ポリス
スクリッティ・ポリッティ
デビッド・ボウイ
キンクス
スージー&ザ・バンシーズ
ザ・キュア
イアン・デューリー
ザ・ジャム
レッド・ゼッペリン
フェイセズ
クリーム
(C)2005-2017 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載