ザ・ジャムのCDガイド セッティング・サンズ 最新更新日2017年8月29日 更新履歴 索引
SETTING SONS
イギリスのロックのCD

アンクルマツのCDガイド
ザ・ジャムのCD
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
BLACK MUSIC
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
JAZZ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
サイト制作記
SETTING SONS
必殺のど真ん中直球作品。まっすぐやりたいことやって解散だね、これって。確かに気分のいい爽快感がある。だから決して悪い作品ではない。だからといって最高だとか、そういう話でもないと思う。で、あれば解散はしていないはずだ。ジャムのすべての姿がこれで、かつ限界がこれということなのだろう。本当にこの疾走感は誰にでも出せるものではないはずだ。アマチュアがやれば。。おいおいの話になってしまうところなのだろう。
歌いたいことの現実と彼らの現実の不一致。それがおそらくは解散の原因の一つなのだろう。それ以上にもう年齢が違うぞ!的な部分も、ポール・ウェラーのその後を見ているとそう感じざるを得ない。とにかくモッズ的疾走感というものがあるのであれば、この作品で出ている熱気がそれだろう。だからそれ以上もそれ以下もないというこまった作品でもあったりする。
だけど元気が必要なときに、この手の作品が好きであれば、確かに支えにはなるのかもね。だが、けっしてそれ以上でもないことは確かだ。これって聞き手が年をとって勝手に感じていることなのかな?まあ、なんであれ若さが満ち溢れ、そこにある疾走感を最大限に表現をすることができた作品という位置付が一番なのだろう。
ポール・ウェラーのこの当時の姿が多分そうなのね!
曲目
1.GIRL ON THE PHONE
2.THICK AS THEIVE
3.PRIVATE HELL
4.LITTLE BOY SOLDERS
5.WASTELAND
6.RUNNING SKY
7.SMITHERS-JONES
8.SATURDAY'S KIDS
9.THE ETON RIFLES
10.HEAT WAVE
ザ・ジャム
の作品
IN THE CITY
MODERN WORLD
ALL MOD CONS
SETTING SUNS
THE GIFT
DIG THE NEW BLEED
 COMPACT SNAP
 EXTRAS
アーティスト名
シド・バレット
ジュリアン・コープ
トラフィック
ザ・フー
スタイル・カウンシル
キング・クリムゾン
ローリング・ストーンズ
ロニー・ウッド
エコー&ザ・バニーメン
ピーター・ガブリエル
ジェフ・ベック
エルヴィス・コステロ
ザ・ポリス
スクリッティ
・ポリッティ
デビッド・ボウイ
キンクス
スージー
&ザ・バンシーズ
ザ・キュア
イアン・デューリー
ザ・ジャム
レッド・ゼッペリン
フェイセズ
クリーム
XTC
(C)2005-2017 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載