ザ・バンドのCDガイド  ロック・オブ・エイジス 最新更新日2017年9月7日 更新履歴 索引
ROCK OF AGES
アメイカンロックのCD

アンクルマツのCDガイド
ザ・バンドのCD
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
BLACK MUSIC
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
JAZZ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
 サイト制作記
ROCK OF AGES

ザ・バンドのライブ盤の中で一番聞きやすく分かりやすく楽しめるのがこれだろう。そう、変な癖がない感じでさらっと聞くことができる。演奏側が完全に楽しんでやっていることが伝わってくるからだろう。本当に生き生きして、音楽を楽しんでいる感覚が伝わってくる。これ以上のものとなってくると・・・・・うーむ。そうラストワルツは重すぎるし、ザ・バンドのものとは言えない部分が多すぎる。だがこのロック・オブ・エイジスは自分たちが自分たちが楽しみそれを伝えるという一番大事な部分が完全になっており、本当に非常に聞きやすい。バンドのまとまりも本当によく隙間のないなんとも微妙になりそうな部分ですら、さらっと軽く本当にうまく横のつながりで意気投合状態の音が伝わってくるのがよくわかり、なんとも言えない重さがどこにもないというのが本当にいい感じになっていて、何度聞いても飽きがこない!いやあ、このバンドでスタジオ録音でもなんでも、体調が悪いと聞こえ方が変わってくる傾向があるのだが・・・・これは一定の感じで聞くころができる。本質がボブ・デュランのバックからとう部分が本当にでていて、音を楽しむ姿勢が本当によく伝わってくるアメリカロックの中でも有数の素晴らしいライブ盤と評しても問題はないだろう。バンドの音の絡みが楽しめる部分が本当最高に楽しいという珍しいライブ盤だ。疲れているときには非常におすすめかもしれない。ラストワルツは何故にあんなに重いのだろう?まあ考えすぐは常によくなということの証明なのだろうねって余計だな。

曲目
DISC 1
1.DON'T DO IT
2.KING HARVEST
3.CALEDONIA MISSION
4.GET UP JAKE
5.THE W.S.WALCOTT MEDICINE SHOW
6.STAGE FRIGHT
7.THE NIGHT THEY DROVE OLD DIXIE DOWN
8.ACROSS THE GREAT DIVIDE
9.THE WHEEL'S ON FIRE
10.RAG MAMA RAG
DISC2
1.THE WEIGHT
2.THE SHAPE I'M IN
3.UNFAITHFUL SERVENT
4.LIFE ISA A CARNIVAL
5.THE GENETIC METHOD
6.CHEST FEVER
7.(I DON'T WANT TO)
 HANG UP MY ROCK AND ROLL SHEES
ザ・バンドの作品
MUSIC FROM BIG PINK
THE BAND
STAGE FRIGHT
CAHOOTS
ROCK OF AGES
MOONDOG MATINEE
NORTHEM LIGHTS-SOUTHERM CROSS
ISLAND 
THE LAST WALTZ
 
 
アーティスト名
ルー・リード
ヴェルベット
アンダーグラウンド
グレイトフル・デッド
ザ・バンド
ボブ・デュラン
トーキングヘッズ
エレクトリックフラッグ
オールマンブラザース
ジミ・ヘンドリックス
ドアーズ
ロビー・ロバートソン
リック・ダンコ
CSN&Y
ジョニ・ミッチェル
R・Hチリペッパーズ
デビッド・バーン
ジェリー・ハリソン
エイドリアン・ブリュー
(C)2005-2017 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載