ザ・バンドのCDガイド  アイランズ 最新更新日2017年12月10日 更新履歴 索引
ISLANDS
アメリカンロックのCD

アンクルマツのCDガイド
ザ・バンドのCD
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
BLACK MUSIC
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
JAZZ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
サイト制作記
ISLANDS

優しげな雰囲気ではじまっていく、終盤戦のころのバンドの作品。そう、結局は本当にアメリカ系の音楽がどこまで好きか?の確認につながっていく作品だ。ゆるやかでなんとなく広々とした雰囲気をまとまって綺麗に過ごしていくという形の音楽がどこまで好きか?それにかかっていくるように思えてくる。そのぐらいこの作品はひたすら優しい。音のまとまりという部分もあるが、ギターの音の切り方、他の楽器の入り方がとにかく緩やか。
競争的な雰囲気もなく、とにかうは全体でなにかを表現するのだの志向性の部分が特にこの作品に関しては顕著だ。どこまで優しげなアメリカが好きか?そこに回答があるという音楽だけにとにかうはすべての楽器の音が優しく聞こえてくるから不思議だ。様々な音の集合体の出している音楽は間違いなくAORに連なりそれの基礎になっているわけだ。このあたりをどのようにして聴くかでこの作品への評価や気分が変わってしまうというのがこの時代の音楽の特徴でもあるのだろう。優しく呑気に時間を過ごすというのであれば、この作品の本来的部分が見えてくるといえるだろう。だがそうではなく、この先の発展系を穏やかに。。。。。これがAORだったのだろう。まあなんであれ必死になって聞くようなものでもないわけだ。何気にこの音系の音がよくなって、何か・・・・それで聞き始めていくというのがいいのかもしれない。呑気に時間を過ごすための音楽だ。

曲目
1.RIGHT AS RAIN
2.STREET WALKER
3.LET THE NIGHT FALL
4.AIN'T THAT A LOT OF LOVE
5.CHRISTMAS MUST BE TONIGHT
6.ISLANDS
7.THE SAGA NO PEPOTE ROUGE
8.GROGIA ON MY MIND
9.KNOCKIN' LOST JOHN
10.LIVIN'N IN A DREAM
ザ・バンドの作品
MUSIC FROM BIG PINK
THE BAND
STAGE FRIGHT
CAHOOTS
ROCK OF AGES
MOONDOG MATINEE
NORTHEM LIGHTS-SOUTHERM CROSS
ISLAND 
THE LAST WALTZ
 
 
アーティスト名
ルー・リード
ヴェルベット
アンダーグラウンド
グレイトフル・デッド
ザ・バンド
ボブ・デュラン
トーキングヘッズ
エレクトリックフラッグ
オールマンブラザース
ジミ・ヘンドリックス
ドアーズ
ロビー・ロバートソン
リック・ダンコ
CSN&Y
ジョニ・ミッチェル
R・Hチリペッパーズ
デビッド・バーン
ジェリー・ハリソン
エイドリアン・ブリュー
(C)2005-2018 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載