ヤードバーズのCDガイド ファイブ・ライブ・ヤードバーズ 最新更新日2017年12月22日 更新履歴 索引
FIVE LIVE YARDBIRDS
ブリティッシュ&ヨーロッパのロックのCD

アンクルマツのCDガイド
YARDBIRDSのCD
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
BLACK MUSIC
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
JAZZ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
サイト制作記
ファイブ・ライブ・ヤードバーズ 
ヤードバーズのデビュー作とされているもの。現実にデビュー作であったのだが、なんとも言えない部分があり、はたしてこれがファーストなの?の疑問をまずは抱く作品だ。演奏そのものは決してうまいものではない。ロックそのものがまだ先が見えない音楽であった状況ということがよーくわかる作りになっているようにも思える。その中でのライブだけにはたしての部分はひたすら多くなっていくというのがまぎれもない事実だろう。
ここでのクラプトンのギターは、本当にその後の評価とつながるようなものなのだろうか?そういう感じもある。それだけ音響の問題が大きった時Z代だったということなのだろう。
基本的には7INCHシングル時代ということを意識してきかなければ???が付くような部分がある作品で演奏は決してうまいものではない。まあだが気楽に何気に聞き流す的な聞き方であれば十二分聴くに堪えるものになっていることは事実だ。その後のヤードバーズはという回答はここにはないこTが確かだ。その後のヤードバーズはもの凄い変動を経て大きくなっていく感が強い
曲目
1.TOO MUCH MONKEY BUSINESS
2.GOT LOVE IF YOU WANT IT
3.SMOKESTACK LIGHTNIN'
4.GOOD MORNING LITTLE SCHOOL GIRL
5.RESPECTABLES
6.FIVE LONG YEARS
7.PRETTY GIRL
8.LOUISE
9.I'M A MAN
10.HERE 'TIS

YARDBIRDSの作品
LONDON'63
FIVE LIVE YARDBIRDS
FOR YOUR LOVE
HAVING A RAVE UP
FEED BACK
LITTLE GAMES
ON AIR.
アーティスト名
シド・バレット
ジュリアン・コープ
トラフィック
ザ・フー
スタイル・カウンシル
キング・クリムゾン
ローリング・ストーンズ
ロニー・ウッド
エコー&ザ・バニーメン
ピーター・ガブリエル
ジェフ・ベック
エルヴィス・コステロ
ザ・ポリス
スクリッティ
・ポリッティ
デビッド・ボウイ
キンクス
ザ・クラッシュ
スージー
&ザ・バンシーズ
ザ・キュア
イアン・デューリー
ザ・ジャム
レッド・ゼッペリン
フェイセズ
クリーム
XTC
ヤードバーズ
スペシャルズ
(C)2005-2018 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載