バーニング・スピアのCDガイド   FOROVER 最新更新日2016年10月29日 更新履歴 索引
FAROVER
アーティスト別

アンクルマツのCDガイド
バーニング・スピアのCD
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
ブラックミュージック
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
ジャズ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
 サイト制作記
ファーオーヴァー

柔らかく、しかし力こめて這い上がってくる。そういった印象の始まりからひたすらレゲェの世界が広がっていく。
はっきり言えばかなりのいい感じの作品だ。とにかくレゲェというよりもキチンとした世界をレゲエを通して歌で表現していく、そういった雰囲気の中で、だが力強く、何気にポピュラーにしっかりとした説得力で迫ってくる。歌詞云々よりも、何気に聞こえてくる単語は「マーカス・ガーベイ」そうレゲェの基本概念をひたすら歌いこんでいるといったところなのだろう。本当に悪くはない作品であり、軽くレゲェを聞きながらリラックスして横になるにはぴったりなのかもしれない。そのぐらい本当に聞きやすく、心優しく迫ってくるという、なかなかな精神世界の音なのだろう・・・・と、まあ勝手に決めつけているわけだが・・・・レゲェの基本線にあるマーカス・ガーベィ信仰から離れて十二分に聞くことができる作品だ。まあ、ジャメイカの人にしかわからない世界観は我々にはわからない。だが本当に心優しく語りかけてきていることは確かだ。本当にリラックスして聞くことのできる作品だ。きっと言葉が分からないことが幸いしているのだろう、が、きっとそんなに何かに巻き込むことが目的でもないという雰囲気が本当に幸いしているかのような作品だ。ものすごく気迫のあるものを求める場合には、その世界とは違うということだけは違うので、きっと外した感が出てしまうのだろう。まあ、優しくリラックスして言葉は気にせずに!と、いうのが一番だな、きっと。

曲目
1.Farover
2.Greetings
3,Images
4.Rock
5.Education
6.She's Miner
7.Massage
8.O'Jah
9.Jah Is My Driver
バーニング・スピアの作品
CREATION REBEL
ロッキング・タイム
マーカス・ガーベイ
マン・イン・ザ・ヒルズ
ドライ・アンド・ヘヴィー
ソーシャル・リビング
ヘイルHIM
ファーオーヴァー
フィッテスト・オブ・フィッテスト
レジスタンス
ピープル・オブ・ザ・ワールド
ミストレス・ミュージック
ライブ・イン・パリス
メッケ・ウィ・ドゥイート
ジャー・キングダム
ザ・ワールド・シュッドノウ
ラブ・アンド・ピース
ラスタ・ビジネス
チャント・ダウン・バビロン
アポイントメント・ウィズ
ライブ・イン・コンサート
コーリング・ラスタファリ
スピア・バーニング
ライブ・イン・モントルー
フリーマン
ライブ・イン・サウス・アフリカ
ライブ・イン・パリス
アワ・ミュージック
アーティスト名
ボブ・マーリー
ピーター・トッシュ
バニー・ウェラー
バーニング・スピア
コンゴス
ホレス・アンディ
ブラック・ユフル
アスワド
マトゥンビ
スティール・パルス
  G・アイザックス
シュガー・マイノット
ジ・アイタルズ 
フレディ・マクレガー
マックス・ロメオ
エチオピアンズ
イスラエル・
ヴァイブレーション
COUNT OSSIE
UB40 
 デニス・ブラウン
 インナー・サークル
 メロディアンズ
 ウィリー・ウィリアムス
リンヴァル・トンプソン 
 ヒュー・マンデル
 トゥーツ&ザ・メイタルズ
 ザ・ヘプトーンズ
 ジョディ・モワット
 オムニバス盤
 (C)2005-2017 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載