バーニング・スピアのCDガイド   ヘイル H.I.M 最新更新日2017年9月6日 更新履歴 索引
HAIL H.I.M
アーティスト別

アンクルマツのCDガイド
バーニング・スピアのCD
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
BLACK MUSIC
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシスト作品
教本
その他
JAZZ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
 サイト制作記
HAIL H.I.M

ひたすら淡々と進んでいく。だがその安定した音の流れの中での言葉はわからなくとも何か大きく説得しているような感覚を覚えさせられ、なんとも言えない雰囲気の中にいるような気にさせられる。ひたすら淡々と・・・なんとも言えない雰囲気に逆に恐ろしさを感じさせられてしまう。まあ、とにかくはダブの音の中の主張をしていくレゲェシンガーと言った感じが逆に恐ろしさを感じさせ荒れる瞬間もあったりする。とにかくはひたすらJAHの時間があったりもして、聞き方によってはかなりの異様な空間を作ってしまうのかもしれない。しかし、この腰の低い安定した音はなじみが出るとそのまま和みの世界にもなって言ったりするところが凄い。言いたいことを伝えるがための音楽ということの典型的なものなのかもしれない。おもわず言葉がイマイチでも真剣に聞いてしまうところがこのバーニング・スピアの本当にすごい部分なのだろう。説得の神様という表現が一番似合うのかもしない。特に後半戦のほとんどトゥーステイングに近い語り調の歌は本当に彼の真骨頂的な部分になっているかのように全体を確実に盛り上げ、きわめて説得力のある作品に昇華させている。確実にこの歌を聞けば人を説得できるといったかのような彼の語り口調の歌は本当に凄まじくもあり、他ではなかなか聞くことができないすごいものになっている。しかし本当に神を信じ尊敬しつつもかれが語り続ける。なんだろうジャメイカの本当の怖さがこのあたりにあるのかもしれない・・・と、まあおもわず思い込みがの世界にはまっていくのであった。

曲目
1.Hail H.I..M
2.Columbia
3,Boad Foggy
4.Follow Marcus Garvey
5.Jah See and Know
6.African Teacher
7.African Postman
8.Cry Blood Africana
9.Jah a Guh Raid
バーニング・スピアの作品
スタジオ・ワン
・プレゼンツ
ロッキング・タイム
マーカス・ガーベイ
マン・イン・ザ・ヒルズ
ドライ・アンド・ヘヴィー
ソーシャル・リビング
ヘイルHIM
ファーオーヴァー
フィッテスト・オブ
・フィッテスト
レジスタンス
ピープル・オブ・
ザ・ワールド
ミストレス・ミュージック
ライブ・イン・パリス
メッケ・ウィ・ドゥイート
ジャー・キングダム
ザ・ワールド
・シュッドノウ
ラブ・アンド・ピース
ラスタ・ビジネス
チャント・ダウン
・バビロン
アポイントメント
・ウィズ
ライブ・イン
・コンサート
コーリング
・ラスタファリ
スピア・バーニング
ライブ・イン・モントルー
フリーマン
ライブ・イン・サウス
・アフリカ
ライブ・イン・パリス
アワ・ミュージック
アーティスト名
ボブ・マーリー
ピーター・トッシュ
バニー・ウェラー
バーニング・スピア
コンゴス
ホレス・アンディ
ブラック・ユフル
アスワド
マトゥンビ
スティール・パルス
G・アイザックス
シュガー・マイノット
ジ・アイタルズ
フレディ・マクレガー
マックス・ロメオ
エチオピアンズ
イスラエル・
ヴァイブレーション
COUNT OSSIE
UB40
デニス・ブラウン
インナー・サークル
メロディアンズ
ウィリー・ウィリアムス
リンヴァル・トンプソン
ヒューマンデル
トゥーツ・&ザ・メイタルズ
ザ・ヘプトーンズ
ジョディ・モワット
オムニバス盤
(C)2005-2017 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載