バーニング・スピアのCDガイド   フィッテスト・オブ・ザ・フィッティスト 最新更新日2016年6月19日 更新履歴 索引
フィッティスト・オブ・ザ・
フィッティスト
アーティスト別

アンクルマツのCDガイド
バーニング・スピアのCD
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
ブラックミュージック
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
ジャズ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
 サイト制作記
フィティスト・オブ・ザ・フィッティスト

バーニング・スピアの12枚目の作品.適者生存の意味かと。
柔らかく始まっていく1枚。ただし歌詞に何かしら大きな意味があるのだろうというところだな。1983年の作品ということもありサウンド面ではキーボードの音が当時の柔らかなシンセサイザー音であったりもする。極端に音で攻めてくるということは当然ない。あくまでも歌を支えるサウンドとうう形でその世界が広がっていく。適者生存のこの場合の意味は?ということがやはり問題なのだろう。淡々とその問題をダブ音になりそうな音と柔らかなレゲエビートのギターが全体をささえているような空間を広がるための音がここにはある。そう、完全にカラオケに歌が載っていくいくというのが本当のところなのだろう。とにかく音の柔らかさが耳に残る作品。そう、何気にBGMで言葉が気にならなければ、変に心休まる音という状態。主張を柔らかく告げている、そういったところが本音の作品に聞こえてくる何気に流しっぱなしであれば日本では本当に柔らかな就寝前の音という取扱いでも大丈夫な作品の仕上がりになっている。はたしてここでの言葉はいったい何を言っているのだろう。残念ながら歌詞はついていないCD.どこかでこの作品の本音を・・・はまあ、日本では難しいのかもしれない。とにかく、キチンとしっかりと作ってある作品であることは確かだ。傑作ではないが、音としてはキチンとしかっりと作られている作品だ。ベースが生きてるね。レゲエだから当たり前だな。

曲目
1.The Fittest of the Fittest 2.Fire Man 3.Bad To Worst
4.Repatriation 5.Old Boy Garvey 6.2000Years
7.For You 8.In Africa 9.Vision
バーニング・スピアの作品
Creation Rebel
ロッキング・タイム
マーカス・ガーベイ
マン・イン・ザ・ヒルズ
ドライ・アンド・ヘヴィー
ソーシャル・リビング
ヘイルHIM
ファーオーヴァー
フィッテスト・オブ・フィッテスト
レジスタンス
ピープル・オブ・ザ・ワールド
ミストレス・ミュージック
ライブ・イン・パリス
メッケ・ウィ・ドゥイート
ジャー・キングダム
ザ・ワールド・シュッドノウ
ラブ・アンド・ピース
ラスタ・ビジネス
チャント・ダウン・バビロン
アポイントメント・ウィズ
ライブ・イン・コンサート
コーリング・ラスタファリ
スピア・バーニング
ライブ・イン・モントルー
フリーマン
ライブ・イン・サウス・アフリカ
ライブ・イン・パリス
アワ・ミュージック
アーティスト名
ボブ・マーリー
ピーター・トッシュ
バニー・ウェラー
バーニング・スピア
コンゴス
ホレス・アンディ
ブラック・ユフル
アスワド
マトゥンビ
スティール・パルス
  G・アイザックス
シュガー・マイノット
 ジ・アイタルズ
フレディ・マクレガー
マックス・ロメオ
エチオピアンズ
イスラエル・
ヴァイブレーション
COUNT OSSIE
 UB40
 デニス・ブラウン
 インナー・サークル
 メロディアンズ
 ウィリー・ウィリアムス
 リンヴァル・トンプソン
 オムニバス盤
(C)2005-2017 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載