ファンカデリックのCDガイド ハードコア・ジョリーズ 最新更新日2016年9月9日 更新履歴 索引
ハードコア・ジョリーズ
アーティスト別

アンクルマツのCDガイド
ファンカデリックのCD
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
BLACK MUSIC
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
JAZZ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
 サイト制作記
HARDCORE JOLLIES

ひたすらのギター弾きまくりの展開が凄まじいPHASE1。本当に凄まじいばかりのひたすらのソロギター!いったい?そういった感じのある始まりが強烈に印象に残るファンカデリックの9作目。はたしてこのギターはいつまで続くのだ???そいう感じすらする。時代がそうさせたのか、彼らが根本的にそうなのか?そういった疑問を持ちつつも思わず聞いてしまうところが、まあ本気で楽しい作品であることの証明につながっているのだろう。途中からはひたすら歌中心になっていく。ひたすら歌いこんでくれるのだ。だがそのビートのつくりからのファンクさ加減があはり、なんだろう、軽くビートの効かせかたが通常とは違う感じだ。ファンクビートがとにかくゆるく確実に迫ってくる。その迫り方の腰の落ち方が完全にはなっている感じがあり、なんともいえない密着感のある作品に次第になっていく。ギターの絡みかたも時間が経てばたつほど絡みの深さが増していく感じで音そのもののビート感の腰の落ち方の雰囲気がなにかしら、はるかに普通では考えられないビート感を体に与えてくれている。しかし凄まじいギターアルバムであることも確かだ。ただし極端に何か独特のものがあるわけでもないので非常にうまいバックのギターといった雰囲気になってしまっているところだけが残念。コンセプトはあっても何かが足りない感じのギターがもう少しうまく行けばとんでもなく面白い作品になったのにね・・・・と、いいつつもここまですごいギターというのもなかなかね。しかしこのスピード感の独自性には本当にびっくりの作品だ。

曲目
1.Osmosis Phase One
2.Comin' Round The Mountain
3.Smokey
4.If You Got Fruit,You Got Style
5.Hardcore Jollies
6.Terribitus Phase Two
7.Soul Mate
8.Cosmic Stop
9.You Scares The Lovin' Outta Me

10.Adolescent Funk
ファンカデリックの作品
ファンカデリック
フリー・ユア・マインド
マゴット・ブレイン
アメリカ・イーツ・イッツ・ヤング
コスミック・スロープ
スタンデイング・オン
レッツ・テイク
・イット・ステイジ
テイルズ・オブ
ハードコア・ジョリーズ
ワン・ネーション
アンクル・ジャム
エレクトリック
ファンカデリックライブ
アーティスト名
マーヴィン・ゲイ
タワーオブパワー
スライ・ストーン
ディアンジェロ
エリカ・バトゥ
マックスウェル 
ヴァーノン・ギャレット
ダニー・ハサウェイ
ファンカデリック
パーラメント
ジョージ・クリントン
8thデイ
C・メイフィールド
O・Vライト
アル・グリーン
ウォー
プリンス
トニ・トニ・トニ
シル・ジョンソン
キング・カーティス
T・Tダービー 
P-FUNK ALLSTARS
GRAHAM CENTRAL STATON
ブーティ・コリンズ
オムニバス
(C)2005-2016 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載