アンクルマツのCDガイド     O.V.WRIGHTのCDガイド 最新更新日2017年10月11日 更新履歴 索引
O.V.WRIHT
ソウルのCD
アンクルマツのCDガイド
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
BLACK MUSIC
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
JAZZ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
サイト制作記
O.V.WRIGHT、ショートストーリー
O.V.ライト。学生の頃、いや高校生の頃かな・・・・いやあ、要するに来たころは全く興味がなかった時代とうこと。大学生でR&Bに興味を持ち、そこでの人のつながりで教えてもらった、熱いソウルシンガー!当時は別格扱いの人であった。ただし理解できてくると日本での評価がきわめて高かったということに気づいた。要するに全盛のころは全く日本でソウルというものの存在がまだまだなかった時代。それを日本のソウル好きの方々が注目しそして、必死の啓蒙活動があった。その流れで日本での独立レーベル VIVIDやP-VINEなどが着目し、そして都内のソウルバーなどでも紹介されていた。その中でこの人のことを知ったのが私などの世代かと。とにかくはなかなかの熱唱ということではなく、ノーザンソウル的な軽くビート感があるような中での熱唱という部分が確かにすごく訴えかけてくるもがあり、結構、人を引き付けるものがあった。その中で我々の普通の人が興味をもち・・・・だがしばらくすると病気でなくなってしまった。要するに聞き始めたころには彼は・・・病床かなくなっていたという状態であった。そう、ライブを知らないのだ。だが確かに発売されているものを聞くとすごい歌手であり、本当にこ歌をもっと早く知っていれば・・・・・・とういう感じだな。実際にここまでのシンガーはなかなかいないというのが本当のところだろう。まあ、出だしに1枚!とういう感じかな。ベスト盤を聞いて気に入れば次に進むというのが正しい聞き方だろう。時代がさすがにね・・・・・・懐かしいの段階の人だけに今の時代は??????さあて・・・・
O.V.WRIGHTの作品
年度 作品名 レーベル
THE WRIGHT STUFF HI
O.V.WRIGHT LIVE HI
THE45'S HI
THE SOUL OF O.V.WRIGHT HI
INTO SOMETHING (CAN'T SHAKE LOSE) HI
THE BOTTOM LINE HI
WE'RE STILL TOGETHER HI
アーティスト名
マーヴィン・ゲイ
C・メイフィールド
タワー・オブ・パワー
ファンカデリック
ダニー・ハサウェイ
パーラメント
V・ギャレット
8th デイ
ディアンジェロ
エリカ・バトゥ
マックスウェル
スライ・ストーン
G・クリントン
O・V・ライト
アル・グリーン
ウォー
プリンス
トニトニトニ
シルジョンソン
キング・カーティス
T・Tダービー
P-FUNK ALLSTARS
GRAHAM CENTRAL STATION
ブーティ・コリンズ
オムニバス
(C)2005-2018 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載