ザ・スタイル・カウンシルのCDガイド カフェ・ブリュ 最新更新日2017年8月12日 更新履歴 索引
カフェ・ブリュ
イギリスのロックのCD

アンクルマツのCDガイド
スタイル・カウンシルのCD
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
BLACK MUSIC
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
JAZZ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
 サイト制作記
カフェ・ブリュ
スタイルカウンシルのデビュー盤。その前にあ12INCH(10
INCHMあったかな)のミニアルバムはあったわけだが、丸一枚となるとこの作品がファーストになるといったところだな。
ミック・タルボットのキーボードが大きくフューチャーされ、このバンド(当時はプロジェクト的表現がされていたはず)の本質がいきなり完全に公開されているところがなかなかに爽やかでよかった記憶が強い。基本的にはポール・ウェラー自身のとうよりもとにかくはミック・タルボットの力が大きく感じる作品だ。とにかくジャムとは違い、その風景がイギリスからおフランスへ!といった雰囲気が当時はひたすら???だった記憶がある。
心を入れ替えたのか?ポール・ウェラーは?的なところもあったがやはり彼がひとりになるとさりげなく熱いのがやっぱり基本は・・・・という印象が何気に残っているのかな・・・と、思いつつもそれは歌で力んだときぐらいなのかもしれない。とにかくはその昔のギターを縦切りでの世界から横に流れるキーボードの音に何気に大人しく爽やかでおもいやりのある音というのがなかなかに変だった記憶があることが思い出されてしまうのが、まああの時代に何があったのだ?的な記憶があるケースにはいまだに生き続けているのだと思う。まあMY EVER CHANGING MOODSという彼の代表曲が含まれているということがとにかくは重要という位置付からスタートといったところだな。悪くはないし結構いい作品だと思う。
曲目
1.MICK'S BLESSINGS
2.THE WHOLE POINT OF NO RETURN
3.ME SHIP CAME IN!
4.BLUE CAFE
5.THE PARIS MATCH
6.MY EVER CHAINGING MOODS
7.DROPPING BOMB'S ON THE WHITEHOUSE
8.A GOSPEL
9.STERNGTH OF YOUR NATURE
10.YOU'RE THE BEST THING
11.HERE'S ONE THAT GOT AWAY
12.HEADSART FOR HAPPINESS
13..COUNCIL MEETIN'
スタイルカウンシル
の作品
カフェ・ブリュ
アワ・フェイバリッツ
・ショップ
シンギュラー・アドベンチャー・オブ・ザ・・
イン・コンサート
コンフェシンズ・オブ・
ア・ポップ・グループ
ヒアズ・サム・ザット
ゴット・アウェイ
アーティスト名
シド・バレット
ジュリアン・コープ
トラフィック
ザ・フー
スタイル・カウンシル
キング・クリムゾン
ローリングストーンズ
ロニー・ウッド
エコー&ザ・バニーメン
ピーター・ガブリエル
ジェフ・ベック
エルヴィス・コステロ
ザ・ポリス
スクリッティ
・ポリッティ
デビッド・ボウイ
キンクス
スージー
&ザ・バンシーズ
ザ・キュア
イアン・デューリー
ザ・ジャム
レッド・ゼッペリン
フェイセズ
クリーム
XTC
(C)2005-2017 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載