ファンカデリックのCDガイド    アメリカ・イーツ・イッツ・ヤング 最新更新日2013年5月16日 更新履歴 索引
アメリカ・イーツ・イッツ・ヤング
アーティスト別

アンクルマツのCDガイド
ファンカデリックのCD
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
BLACK MUSIC
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
JAZZ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
 サイト制作記
アメリカ・イーツ・イッツ・ヤング

ウィリアム・ブーティ・コリンズが加わった最初の作品。前作までのあまりにもどろどろした重さ溢れる作品の雰囲気から一転しバンドとしての音が出来上がった記念すべき作品。現在CDでは1枚の作品となっているが当初LPは2枚組であった。これは現在もジャケットにも書かれている。もともとがコーラスグループであったという事がよく分かるコーラスワークが素晴らしく思わず歌に聞きほれてしまうような感じの作品だ。曲がよくなりめちゃくちゃ聞きやすくなっている。エディ・ヘイゼルのギターも押さえ気味で全体のバランスに真剣に取り組んだと思える感じだ。ブーティ・コリンズのベースは素晴らしく曲の魅力をより膨らませ、また素晴らしいファンクネスを感じさせる出来だ。(LOOSE BOOTYはなかなかかっこいいなあ!ファンクベースの よきお手本の演奏だ。)シングルとしてヒットしたPHILMOREは切れ味が小気味よい作品だ。100%確実に言えるのはこの作品はおそらくブーティなしでは完成し得なかったのだと言う事だ。ソウル・ファンク史上最も傑出したベーシスト、ウィリアム・ブーティ・コリンズの加入がとてつもない前進をファンカデリックに加えたという事を証明する。初期から中期へ向かう中での好盤だ。

曲目
1.YOU HIT THE NAIL ON THE HEAD
2.IF YOU DON'T LIKE THE EFFECTS,
   DON'T PRODUCE THE CAUSE
3.EVERYBODY IS GGOING TO MAKE IT THIS TIME
4.JOYFUL PROCESS
5.WE HURT TOO
6.LOOSE BOOTY
7.PHILMORE
8.I CALL MY BABY PUSSYCAT
9.AMERICA EATS ITS YOUNG
10.BIOLOGICAL SPECULATION
11.THAT WAS MY GIRL
12.BALANCE
13.MISS LICIFER'S LOVE
14.WAKE UP
ファンカデリックの作品
ファンカデリック
フリー・ユア・マインド
マゴット・ブレイン
アメリカ・イーツ・イッツ・ヤング
コスミック・スロープ
スタンデイング・オン
レッツ・テイク・イット・ステイジ
テイルズ・オブ
ハードコア・ジョリーズ
ワン・ネーション
アンクル・ジャム
エレクトリック
ファンカデリック・ライブ
アーティスト名
マーヴィン・ゲイ
タワーオブパワー
スライ・ストーン
ディアンジェロ
エリカ・バトゥ
マックスウェル
ヴァーノン・ギャレット
ダニー・ハサウェイ
ファンカデリック
パーラメント
ジョージ・クリントン
8thデイ
C・メイフィールド
O・Vライト
アル・グリーン
ウォー
プリンス
トニ・トニ・トニ
シル・ジョンソン
キング・カーティス
T・T・ダービー
P-FUNK ALLSTARS
グラハム・セントラル
ステーション
ブーツィ・コリンズ
オムニバス
(C)2005-2017 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載