本文へスキップ

アンクルマツのCDガイド ロック、ブルース、ソウル、ファンク、レゲェ。ベーシストCD紹介サイト 

アンクルマツのCDガイド INDEX

GUESS WHO'S COMING
TO DINNER

BLACK UHURU
のCD
HEADLINE

ゲス・フー・カミング・トゥ・デイナー

レゲエのアーティストが欧米や日本で初めて作品が出る場合
、また、ジャメイカ本国でのデビューの場合に、
このように「SHOW CASE」というタイトルで
それまでに発表された曲をベスト盤として出したり、
またファーストアルバムとして出したりもしていたようです。
ブラック・ユフルーの場合は、
ジャメイカ、イギリス、カナダで
このタイトルで当初発表されたようです。
このアルバムは実際は彼らのセカンドアルバムであり
ヨーロッパや日本(日本では来日記念盤としてでた)
でのタイトルは「GUESS WHO'S COMING TO DINNER」
で出ている。曲目は各国でいくらか違うようです。
ジャメイカ本国では「SHINE EYE GAL」がボーナストラック
で収録。
先に12INCHシングルとしてヒットしたこともあり
ボーナストラック扱いとなったようです。
ここで聞ける曲は基本的にスライ&ロビーが
作り上げたダブサウンドに3人のヴォーカリストの声が
ひたすら食い込んでいくといった感じの音にまとめられています
。とても重心の低いリズム隊にヴォーカルがからみつき
そこにギターが暗闇を切り裂くように進んでくるかのような音は
正に、このグループでしかなしえない独特の音を
聞くことができます。
これを可能にしたのはまさしく
マイケル・ローズのヴォーカリストとしての才能でしょう。
この後世界を席捲する
ブラック・ユフルーの世界がここですでに完成されています。
録音はあまりよくありませんが、
手にはいれば聞いて損はありません。
詩にの内容はかなりリアリティのあるものです。
現実に荒れていたジャメイカの一部の現実と
今、正にアレまくっている日本や欧米世界に
警鐘を鳴らすような内容です。
ラブソング主体の甘いレゲエはここには全くありません。
常に戦いを挑むかのような音がここにはあります。
とはいっても曲数は少なく(LP時代の作品ですから)
ベスト盤に大部分が収録されているでしょうから
興味をお持ちの方はお買い上げをといった感じです。
余裕があるときにどうぞ。



曲目
1.SHINE EYE GAL
2.LEAVING TO ZION
3.GENERAL PENITENTIARY
4.GUESS WHO'S COMING TO DINNER
5.ABORTION
6.NATURAL REGGAE BEAT
7.PLASTIC SMILE 
 

ブラック・ユフルの作品

作品名
BLACK SOUNDS OF FREEDAM
GUESS WHO'S COMING TO DINNER
SINSEMILLAR
TEAR IT UP
RED
CHILL OUT
THE DUB FACTOR
ANTHEM
BLUTAL
  LIBERATION  ANTHOLOGY



最新更新日 2022年2月17日

昔のインデックス