タワー・オブ・パワーのCDガイド  ウイ・ケイム・トゥ・プレイ! 最新更新日2016年10月10日 更新履歴 索引
WE CAME TO PLAY !
ソウルのCD

アンクルマツのCDガイド
タワー・オブ・パワーのCD
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
ブラックミュージック
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
ジャズ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
 サイト制作記
ウイ・ケイム・トゥ・プレイ!
何かしらここまでの作品との違いを感じる今日この頃、何故?いやあなんだろうベースの感じが違うのかな?そういえばあまり聞こえてこないな。ヴォーカル部分が協調され、適度になぜかストリングスが聞こえてくるような??????
なんだかなあ????と思っていると回答が、要するにロッコがいないのね。そう、強烈なものが、いやなんだろう、何かがの状況。そうブラスが強調されて、そうか・・・というようなサウンド。
本気であっさりと普通すぎる音が流れていく。
残念無念の作品だな。
優しく時間が流れていく。そう、本当に優しくきれいに流れていく。だが?それって?うーむの状況。
綺麗すぎる音って本気で何かがおかしく感じるバンドって不思議だけど、それだけ本来の個性がどこかに・・・の状況。
悪くはないけれど、これでなければならないという状況はどこにもない。本当に残念丸出しの作品だ。
単独で何気に聞いてもこれがタワーオブパワーだという個性がどこにもない作品。ちょっと残念だな。キチンと作っているが残念。そう契約枚数の絡みでの世界がここにあるのかもしれない。
曲目
1.WE CAME TO PLAY
2.LOVIN' YOU IS GONNA SEE ME TRU
3.LET ME TOUCH YOU
4.YIN-YANG THANG
5.SHARE MY LIFE
6.BITTERSWEET SOUL MUSIC
7.AM I FOOL
8.LOVE BUG
9.SOMEWHERE DOWN THE ROAD
タワー・オブ・パワーの作品
イーストベイ・グリース
バンプシティ
タワー・オブ・パワー
バック・トゥ・オークランド
アーバン・ルニューアル
イン・ザ・スロット
ライブ&イン
・リヴィング・カラー
エイント・ナッシング・・
ウィ・ケイム・トゥ
バック・オン・ザ
 ダイレクト
 パワー
モンスター・オン
t.o.p
ソウルド・アウト
リズム&ビジネス 
 ダイレクト・プラス
ソウル・
ヴァクシネイション
オークランド・ゾーン
ダイナソー・トラックス
アーティスト名
マーヴィン・ゲイ
 タワー・オブ・パワー
スライ・ストーン 
ディアンジェロ 
 エリカ・バトゥ
マックスウェル
ヴァーノン・ギャレット
ダニー・ハサウェイ
 ファンカデリック
パーラメント
ジョーシ・クリントン
8th デイ
C・メイフィールド
O・Vライト
 アル・グリーン
ウォー
プリンス
トニトニトニ
 シル・ジョンソン
キング・カーティス
 T・Tダービー
 P-FUNK ALLSTARS
 グラハム・セントラル・ステーション
ブーツィ・コリンズ 
(C)2005-2017 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載