タワー・オブ・パワーのCDガイド  イースト・ベイ・グリース 最新更新日2016年10月3日 更新履歴 索引
イースト・ベイ・グリース
ソウルのCD

アンクルマツのCDガイド
タワー・オブ・パワーのCD
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
ブラックミュージック
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
ジャズ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
  サイト制作記
イースト・・ベイ・グリース

歴史的(おおげさな!)デビュー作。
開始からこのバンドの魅力満載状況ではじまっていく。
見事なホーンセクションの語り口が本当に印象的
全てがホーンで語られていくという部分が本当に新鮮だ。そしてバックについているヴォーカル陣のうまさも絶句もの。
全ての要素において彼らが基本はスタジオ・ミュージシャン(と、いう話なのだが)であるということを見事に証明している。
本当にすべてのセクションがうまさ、と、いう言葉でくくられていても確かに間違いはないうまさだ。
絡みの緊迫感が本当にスリリング。ギターのカッティングもすべての音が全体でまとまって出すためのものとして完全に働き、そしてとにかくはリズムセクション。ドラムのすごさと、それに対応するベースの応用力のすごさ。
いやあ、本当にいくら聞いて飽きがこないのは、このあたりのまとまりの良さから来ているに違いない。
何回聞いても飽きの来ないきわめて緻密に作られたホーンセクション中心のファンクソウルアルバムというのがこの作品の位置づけとしては一番正しいのだろう。
収録時間の間はこの緻密なファンクに持たれて体を休めたい感じが強い。だが大きく発展する前の基礎ということもお忘れなく。聞くのはある程度他の作品を聞きまくってからでもいいかも

曲目
First Serving
1.KNOCK YOURSELF OUT
2.SOCIAL LUBRICATION
3.THE PRICE
Second Serving
4.BACK ON THE STREETS AGAIN
5.THE SKUNK, THE GOOSE, AND THE FLY
6.SPARKLING IN THE SAND
タワー・オブ・パワー
の作品
イーストベイ・グリース
バンプシティ
タワー・オブ・パワー
バック・トゥ・オークランド
アーバン・ルニューアル
イン・ザ・スロット
ライブ&イン・リヴィング・カラー
エイント・ナッシング・・
ウィ・ケイム・トゥ
バック・オン・ザ
 ダイレクト
t.o.p
 パワー
モンスター・オン
ソウルド・アウト
 リズム&ビジネス
 ダイレクト・プラス!
ソウル・ヴァクシネイション
オークランド・ゾーン
ダイナソー・トラックス
アーティスト名
マーヴィン・ゲイ
 タワー・オブ・パワー
 スライ・ストーン
 ディアンジェロ
 エリカ・バトゥ
 マックスウェル
 ヴァーノン・ギャレット
 ダニー・ハサウェイ
 ファンカデリック
 パーラメント
 ジョーシ・クリントン
 8th デイ
C・メイフィールド
 O.Vライト
アル・グリーン
ウォー
プリンス
 トニトニトニ
シル・ジョンソン
 キング・カーティス
 T・Tダービー
 P-FUNK ALLSTARS
グラハム・セントラル
・ステーション
 
 ブーツィ・コリンズ
(C)2005-2017 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載