タワー・オブ・パワーのCDガイド  リズム&ビジネス 最新更新日2017年10月21日 更新履歴 索引
RHYTUM & BUSINESS
ソウルのCD

アンクルマツのCDガイド
タワー・オブ・パワーのCD
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
BLACK MUSIC
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
JAZZ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
サイト制作記
リズム&ビジネス
強烈なロッコのベース!それがすべてとは言わないが圧倒的な凄まじさで全体を支配している感じが強い。
曲は結構平均的なものが多いが、ロッコのベースですべてが超一級品に大変身している。
曲が平均的とはいってもタワー・オブ・パワーへの期待に対する平均に過ぎない。
このあたりはどこまでファンクが好きかの問題が大きいのかもしれない。とにかくベースがすべてを支配しそして展開していく。バンドは絶好調の状態。とにかくバランスが全く崩れない。一塊になって全体が聞き手に迫ってくる。あとはその曲が好きになれるかどうかの世界だろう。
極端にファンク好きではない場合は難しいかもしれない。と、いうことは逆は真ということになっているのがこの作品。参りましたとにかく。どうすればこのような展開を開くことができるのだろうか?いったいどうやってロッコはベースを弾いているのだ?そして全体は何故にベースに頼り切らずに崩れないのだ?いやあ全体で本気で追い求めているという感の強い作品だ。ファンク好きには超お奨め!だがそうではない場合は一歩立ちどまって考えねばの世界。ベースがひっぱるバンドが好きかどうかがまざう第一点。ファンクが好きかどうかが第二!!
何故か数字が漢数字になってしまった。この感覚だなきっと(笑)しかし本気でベース好きの人はこの作品は」聞いてくれ!!だな!!
曲目
1.Just Enough And Too Much
2.Treat Me Like Your Man
3.If I Play My Cards Right
4.As Surely As I Stand Here
5.Fanfare:Matanuska
6.On The Serious Side
7.Ebony Jam
8.You're So Wonderful,So Marvelous
9.Vuela Par Noche
10.Essence Of Innocence
11.The Soul Of A Child
12.Drop If In The Slot
タワー・オブ・パワーの作品
イーストベイ・グリース
バンプシティ
タワー・オブ・パワー
バック・トゥ
・オークランド
アーバン・リニューアル
イン・ザ・スロット
ライブ&イン
・リヴィング・カラー
エイント・ナッシング・・
ウィ・ケイム・トゥ
バック・オン・ザ
モンスター・オン
t.o.p
ソウルド・アウト
リズム&ビジネス
ダイレクト・プラス!
ソウル・
ヴァクシネイション
オークランド・ゾーン
ダイナソー・トラックス
アーティスト名
マーヴィン・ゲイ
タワー・オブ・パワー
スライ・ストーン
ディアンジェロ
エリカ・バトゥ
マックスウェル
ヴァーノン・ギャレット
ダニー・ハサウェイ
ファンカデリック
パーラメント
ジョーシ・クリントン
8th デイ
C・メイフィールド
O・Vライト
アル・グリーン
ウォー
プリンス
トニトニトニ
シル・ジョンソン
キング・カーティス
T・Tダービー
P-FUNK ALLSTARS
グラハム・セントラル・ステーション
ブーティ・コリンズ
オムニバス
(C)2005-2017 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載