テレンス・トレント・ダービーのCDガイド ニーザー・フィッシュ・ノア・フレッシュ 最新更新日2017年4月28日 更新履歴 索引
NEITHER FISH NOR FLESH
アーティスト別

アンクルマツのCDガイド
テレンス・トレント・ダービーのCD
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
ブラックミュージック
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
ジャズ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
サイト制作記
NEITHER FISH NOR FLESH
しかし、本当に見事な歌だ。歌が聞きたくなって思わず。。。そう、そういう懐かしの行動を思わずとらされてしまう見事な作品だ。バックの音も完全にこの作品のためにだけつくられた音だから見事に歌を完全に生かし切っているのだ。とにかく装飾なしのバックの音を歌が完全に生かし切っている。歌の生命力がすごく、常になにかが伝わってくるような見事な歌になっている。声がとにかく隅々まできれい。ただし黒人男子ヴォーカルという面から見た場合であるのは当然になってくるのだが。しかし歌の掛け合い、他の楽器との絡みがすべて見事。常に誰かとしっかりと気持ちを伝えあって完璧なつコミュニケーションの中で曲が完成し作品が出来上がっていく。そう、まるっきりすごさというよりも人間の強さや人間の伝達能力、そして聞き手に迫ってくる迫力や説得力は他ではなかなか聞くことができないようなレベルでの出来上がりになっている。
いやあ、しかしほとんど全ての音がその相手との完璧なるコミュニケーションで作られている作品って他で聞いたことがあるのだろうか?そういう気分で思わず聞いてしまうこの作品が実質彼の最終作品といってもいい状況ということが本当に悲しくさみしいことに思えてくる。いやあ、しかし本当に凄まじい見事な作品だ。
曲目
1.DECLARATION NEITHER FISH OR FRESH
2.I HAVE FAITH IN THESE DESCOLATE TIMES
3.IT FEELS SO GOOD TO LOVE SOME ONESOFTLY
4.TO KNOW SOMEONE DEPPLY
 IS TO KNOW SOMEONE SOFTLY
5.I'LL BE ALRIGHT
6.BILLY DON'T FALL
7.THIS SIDE OF LOVE
8.ATTRACTED TO YOU
9.ROLY POLY
10.YOU WILL PAY TOMORROW
11.I DON'T WANT TO BRING YOU'R GODS DOWN
 AND NEED TO BE WITH SOMEONE TONIGHT
T・T・ダービー
の作品
INTRODUCING 
THE HEADLINE
NEITHER FISH NOR FLESH
SYMPHONY OR DAWN
TTD'S VIBRATOR
アーティスト名
マーヴィン・ゲイ
C・メイフィールド
タワー・オブ・パワー
ファンカデリック
ヴァーノン・ギャレット
パーラメント
スライ・ストーン
ディアンジェロ
エリカ・バトゥ
マックスウェル
8th デイ
ダニー・ハサウェイ
ジョーシ・クリントン
cメイフィールド
ovライト
アル・グリーン
ウォー
スライ・ストーン
プリンス
トニトニトニ
シル・ジョンソン
キング・カーティス
T・Tダービー
P-FUNK ALLSTARS
グラハム・セントラル・ステーション
ブーツィ・コリンズ
(C)2005-2017 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載