バニー・ウェラーのCDガイド   ダブ・ディスコ1&2 最新更新日2016年10月4日 更新履歴 索引
DUBD'SCOvol1&2
アーティスト別
アンクルマツのCDガイド
バニー・ウェイラーのCD
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
ブラックミュージック
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
ジャズ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
 サイト制作記
ダブ・ディスコ1&2
このじわじわ感が結構いいな。Armageddon Dub
と、まあそんな感じ。じわじわとそれぞれの曲の本質を突きつつも前に進んでいく。そんな感じだな。
空間を楽しむだけではなく、何気に本来の曲を完全に生かしつつ、その内容をきっちりと表現している。
いやあ、このクールに冷ややかに進んでいくダブの感覚が結構いい感じだ。
だがvol1のクールさとは違いvol2は結構アナログ的な雰囲気が軽く残った感じがあるのが不思議だ。
だが基本はダブ。何があってもクールに先に進んでいく。バニー・ウェイラーの軽く残っている声がまたうまく絡み元歌の良さを完全に残しながらもダブとして進化していく!うーむ、この感覚の冷たさがダブのよさでもあり、ちょっと厳しいところにもなっていく。とにかく基本は歌ではなく、流しっぱなしの音の中での動きという感じかたが楽しみになっていき、その中での動きかたや、感じ方で究極の時間を過ごす。
この作品はそれらのダブの本来の楽しさを完全に残しつつもバニーの体温も残っているところが素晴らしい。そう人間がまだそこにいるのだ。人間の感覚でしっかりと作られたダブ!大音量では本気ですごい楽しみのある音なのだろう。
だがダブはプレミア付けて買うようなものではないから注意かな。
曲目
1,Roots Raddics Dub
2.Battering Down Dub
3.Armageddon Dub
4.Dub Tree
5.Burning Dub(Love Fire)
6.Rasta Dub
7.Dub Dreams(Dreamland)
8.Buria Dubl
9.Predominately Dub
10.Dub The Proud Land
11.Rule This Dub
12.The Toughest Dub
13.Dancing Dub
14.Mellow Dub
15.keep On Dubbing
16Hypocritical Dub
17Worly Girly Dubby
バニー・ウェラーの作品
ブラックハート・マン
プロテスト
ストラグル
 DUBD'SCO
イフ・アイ・ファーザーズ
シングス・ザ・ウェイラーズ
ロックン・グルーブ
トリビュート
フック・ライン&シンカー
ルーツ・ラディックス
ライブ!
マーケット・プレイス
ルーツマン・スカンキング
ルール・ダンス・ホール
リベレーション
 タイム・ウィル・テル
ジャスト・ビー・ナイス
ガンプション
レトロスペクティヴ 
ホール・オブ・フェイム
アーティスト名
ボブ・マーリ-
ピーター・トッシュ
バニー・ウェイラー
バーニング・スピア
コンゴス
ホレス・アンディ
ブラック・ユフル
アスワド
マトゥンビ
スティール・パルス
  G・アイザックス
シュガー・マイノット
ジ・アイタルズ
フレディ・マクレガー
マックス・ロメオ
エチオピアンズ
イスラエル・
ヴァイブレーション
COUNT OSSIE
UB40
デニス・ブラウン
インナー・サークル
メロディアンズ
ウィリー・ウィリアムス 
リンヴァル・トンプソン
ヒュー・マンデル 
 オムニバス盤
(C)2005-2017 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載