ブーティ・コリンズのCDガイド ファッツ・ブーツィ・ドゥーイン 最新更新日2017年4月21日 更新履歴 索引
WHAT'S BOOTSY DOIN'?
アーティスト別

アンクルマツのCDガイド
ブーティ・コリンズのCD
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
ブラックミュージック
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
ジャズ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
 サイト制作記
WHAT'S BOOTRY DOIN'
とにかく全体に明るくビートが飛び跳ねまくる。本気で勝手に人を元気にさせてくれる作品だ。この感覚がまともp-funkの本質ということなのだろうか?まあちょっと軽めに造りましたが本年なのか、本当に楽しく延々と飛び跳ねまくるブーティの表情が勝手に頭に浮かんできて、おもわずベースを運んできて、一緒に!といった気分にさせてくれる。とにかく細かな音の設定がきわめて正確でまったく間違いがないという印象がきわめて強く、そこにヴォーカル陣が乗ってきて作品を前向きにグイグイと引っ張っていってくれる。語りかけるような歌もあったり、だが当時のラップ的感覚もあったりして本当に賑やかで楽しい作品になっている。とにかく音がキチンと整理されているからひたすら洗練された音世界が広がっていく。やはりなんだかんだでそれを支えるのがビートの正確さだろう。一切間違えを知らないといった感が強い、プログラミングなのだろうか?すべての曲でビートの効きが強く、そしてその音が景気づけしてすべての音を整理してグイグイと迫ってくる。これがp-funkなのね!っておもわず思い込み一緒に先に進んでいってしまう。いやあ、まいったなこの音の流れの素早さと切れ味。これがp-funkというよりも本質的なビートとは?の回答をしめしてくれているような・・・・・計算高い整理された非常に洗練された世界がここにある。まあだけど赤ん坊の声がなぜか本気でかわいいのが不思議な音作り。しかしたまに聞こえてくるパーカッシブなベースもいいね。
曲目
1.PARTY ON PLASTIC(WHATS'S BOOTSY DOIN')
2.SUBLIMINALK SECTION
3.LEAKIN'?
4.SHOCK-IT-TO-ME
5.1ST TIME 2 THE EGG WINS(THE HUMAN RACE)
6.LOVE SONG
7.(WANNA BE A)KISSIN' U
8.☆-ING THE 'LUV GUN
9.YO-MOMA-LOVERS Y
10.8AVE WHAT'S MINE FOR ME
ブーティ・コリンズの作品
STRETCHIN' OUT・・
Ahh...The Name...
Bootsy? player of the
This is Made For・・
Jungle Bass
 Ultra Wave
 The One Giventh
 What's Bootsy Doin?
 'P'Fresh Outa"P"
アーティスト名
マーヴィン・ゲイ
C・メイフィールド
タワー・オブ・パワー
ファンカデリック
ヴァーノン・ギャレット
パーラメント
スライ・ストーン
ディアンジェロ
エリカ・バトゥ
マックスウェル
8th デイ
ダニー・ハサウェイ
ジョーシ・クリントン
cメイフィールド
ovライト
アル・グリーン
ウォー
スライ・ストーン
プリンス
トニトニトニ
シル・ジョンソン
キング・カーティス
T・Tダービー
 P-FUNK ALLSTARS
 グラハム・セントラル
・ステーション
 ブーティ・コリンズ
(C)2005-2017 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載