トニ!トニ!トニ!のCDガイド  THE REVIVAL 最新更新日2017年12月3日 更新履歴 索引
THE REVIVAL
ソウルのCD

アンクルマツのCDガイド
TONY!TONI!TONE!のCD
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
BLACK MUSIC
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
JAZZ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
サイト制作記
THE REVIVAL
困った感じで始まっていく残念そのものの作品だ。そう、将来を見通す目がなかったことは確かだが、ここまでくると爆笑の世界になっている。そう、別にこの作品でなければ聞くことができないという部分はまるでなしなのかもしれない。こんな感じのヒップホップ作品などどこにでもあるさの世界が展開されていく部分に関しては本当に爆笑としか言いようがないのだ。その中に歌が入ってい来るとなんとか聞く部分が出てくる感じだが、全体はかわっったりはしないというのが現実だろう。そう、この作品、このグループの本質はなに?の部分で間違いを犯しているということなのだろうね。歌はいいよ、確かにいい感じ伝わってくる部分もある。だが余計な音がそれを本当にさえぎっている。いわゆる駄作扱いを食らう作品の典型なのだろう。なんだろう、この手の音が有効な場面って?その場面以外では本当にいつの音?的扱いになることが必至の作品だ。いやあ、本当にひどいねこれって。参りました。
曲目
1.FEELS GOOD
2.ALL THE WAY
3.OAKLAND STROKE
4.THE BLUES
5.LET'S HAVE A GOOD TIME
6.IT NEVER RAINS
7WHATEVER YOU WANT
8.I CARE
9.SKY'S
10.ALL MY LOVE
11.DON'T TALK ABOUT ME
12.SKIN NIGHT
13.JOJO
14.THOSE WERE THE DAYS
トニ・トニ・トニの作品
WHO?
THE REVIVAL
SONS OF SOUL
HOUSE OF MUSIC
アーティスト名
マーヴィン・ゲイ
タワー・オブ・パワー
スライ・ストーン
ディアンジェロ
エリカ・バトゥ
マックスウェル
ヴァーノン・ギャレット
ダニー・ハサウェイ
ファンカデリック
パーラメント
ジョーシ・クリントン
8th デイ
C・メイフィールド
O.V.ライト
アル・グリーン
ウォー
プリンス
トニトニトニ
シル・ジョンソン
キング・カーティス
T・Tダービー
P-FUNK ALLSTARS
グラハム・セントラル
・ステーション
ブーティ・コリンズ
オムニバス
(C)2005-2017 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載