O.V.ライトのCDガイド  THE BOTTOM LINE 最新更新日2017年10月6日 更新履歴 索引
THE BOTTOM LINE
ソウルのCD

アンクルマツのCDガイド
O.V.ライトのCD
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
BLACK MUSIC
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
JAZZ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
 サイト制作記
ザ・ボトム・ライン

確かに昔の作品だな、と感じる瞬間があるが、やはり名作であることは確かだろう。ソウルという音楽においてしっとりと人に気持ちを伝えることの大事さを歌を通して教えてくれる的な部分が結構、相変わらずいいね。そう、クールに歌う系はいまだによくあるが、何気に常に熱いというのがあるのは懐かしくもあり、いまだに惹かれる部分もあるといったところかな。しかしなんだろう、バックのオーケストレーションがまあ、なんだろう、そのあたりが時代なのだな。それがなくプロデュースが違えば、いまだに最新の感じのある作品になっているのだろうなあ、と、まあ勝手なことを思ってしまうのであった。そのぐらいやはり時代は経っていることは確かだ。だが、やはり気持ちが熱い。その気持ちで全体の歌を盛り上げ引っ張る。ちょっといわゆる「クサい」になりかねないが、その手前の熱さで止まっているところでいまだに評価があるということなのだろう。シンガーとしては、もう最高の人。ここまで歌いきれる人はめったにいるものではない。南部の熱さではなく、都市部のさり気ない熱さがやはりいまだに何気に聞いてしまう原因なのだろう。60年代かな・・・・・やはり録音が・・・・結構このあたりの感触がどうしても古さの元になってしまうのだろう。だが、まあ、それは・・・・・仕方がないよね。しかしそんなことは関係ないよ!そういう感じで歌われる曲を集めた大名作だ。

曲目
1.The Bottom Line
2.I Don't Do Windows
3.That's The Way I Feel About Cha
4.Your Good THing Is About To End
5.Le'ts Straight In Out
6.I Don't Know Why
7.No Easy Why To Say Goodbye
8.'A Little More Time
9.Since You Left These Arms Of Mine
10.A Long Road
O.V.ライトの作品
THE WRIGHT STUFF
O.V.WRIGHT LIVE
THE45'S
INTO SOMETHING
THE BOTTOM LINE
WE'RE STILL TOGETHER
アーティスト名
マーヴィン・ゲイ
タワー・オブ・パワー
スライ・ストーン
ディアンジェロ
エリカ・バトゥ
マックスウェル
ヴァーノン・ギャレット
ダニー・ハサウェイ
ファンカデリック
パーラメント
ジョーシ・クリントン
8th デイ
C・メイフィールド
O.V.ライト
アル・グリーン
ウォー
プリンス
トニトニトニ
シル・ジョンソン
キング・カーティス
T・Tダービー
P-FUNK ALLSTARS
グラハム・セントラル
・ステーション
ブーティ・コリンズ
オムニバス
(C)2005-2017 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載