トニ!トニ!トニ!のCDガイド  SONS OF SOUL 最新更新日2017年12月3日 更新履歴 索引
SONS OF SOUL
ソウルのCD

アンクルマツのCDガイド
TONY!TONI!TONE!のCD
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
BLACK MUSIC
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
JAZZ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
サイト制作記
SONS OF SOUL
完全にバックの方に遊ばれている作品。こんな感じでの音を作ってみたい方が真剣に思わず作ってみたけれど、所詮は・・・・の世界が展開されていく。歌は悪くないし結構いい感じの部分もある。だが・・・そう所詮はその部分だけなのだ。歌は本当に悪くないことをキチンと証明しているのだが、どこかでそうではない部分がそのいう場面が出てくるとことがとっても不思議な作品。だが本気でキチンと演奏が始まってくると、そう、歌が生きてくるのだ。その瞬間から違うグループが登場してくるような感じになっていく。そう6曲目からようやくまともになり7曲目は結構いい感じの曲になっていく。そう、ラップ的なヒップホップ的な部分を排除してこのグループの本質だけに焦点を当てて作品をつくれば・・・・・そうとしか言いようがない作品だ。だがやっぱりなぜかヒップホップ的な音がどこかから出てきてしまう。そのあたりはいったい誰が???この当時まではまだまだマイナーレーベルでの作品発表状況だったのかな?要するに所詮はマイナーレーベルの部分が強烈に出てしまっているということなのだろう。いい感じの音になりはじめ、その音が続いている間の歌は本気でまた聞きたくなるような音として成り立っている。だがどうしてもビートの作り方がね・・・・・・だれなのだろう?誰がぶち壊しにしているの?そんな感じだな。
曲目
1.IF I HAD NO LOST
2.WHAT GOES AROUND COMES AROUND
3.MY EX-GIRLFRIEND
4.TELL ME MAMA
5.LEAVIN'
6.SLOW WINE
7(LAY YOUR HEAD ON MY)PILLOW
8.I COULDN'T KEEP IT TO MYSELF
9GANGSTAR GROOVE
10.TONYIES! IN THE WRONG KEY
11.DANCE HALL
12.TIMES SQUARE 2:30 A.M (SEGUE)
13.FUN
14.ANNIVERSARY
15.CASTLEERS
トニ・トニ・トニの作品
WHO?
THE REVAIVAL
SONS OF SOUL
HOUSE OF MUSIC
アーティスト名
マーヴィン・ゲイ
タワー・オブ・パワー
スライ・ストーン
ディアンジェロ
エリカ・バトゥ
マックスウェル
ヴァーノン・ギャレット
ダニー・ハサウェイ
ファンカデリック
パーラメント
ジョーシ・クリントン
8th デイ
C・メイフィールド
O.V.ライト
アル・グリーン
ウォー
プリンス
トニトニトニ
シル・ジョンソン
キング・カーティス
T・Tダービー
P-FUNK ALLSTARS
グラハム・セントラル
・ステーション
ブーティ・コリンズ
オムニバス
(C)2005-2017 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載