O.V.ライトのCDガイド  INTO SOMETHING(CAN'T SHAKE LOOSE) 最新更新日2017年10月5日 更新履歴 索引
INTO SOMETHING
ソウルのCD

アンクルマツのCDガイド
O.V.ライトのCD
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
BLACK MUSIC
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
JAZZ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
サイト制作記
イントゥ・サムシング(キャント・シェイク・ルーズ)

はじまった瞬間になんと言えぬ熱い思いに導かれてしまう。ちょっと大げさだがそういった感じのする熱い歌で始まるOVの大傑作アルバム。この熱い歌は他ではなかなか聞くことができない。それ以上にこういった歌はあまりよく思われなかったりする時代だが、それでもまだまだ有効というすごさがあるのがここでのOVの歌だ。音の作り方も裏から聞こえてくる音にも耳を傾けてきくことによってこの作品の結構な緻密さが見えてくる部分もある。そう、この時代の緻密な音がこれなのだろう。とにかくはパーカッシブな部分での音の作り方には実はこっている感じもあり、そのおかげで時代がたってもまだまだ聞くことができる作品になっている。しかし、この歌の中の彼の音のキリかたが本当にカッコイイ。ここに気が付くまでに20年かかったがわかると本当に楽しい。しかし本当にそこですごいヴァーカリストだということにも気づかされる。しかし大学生の頃に初めて聞いたPRECIOUS PRECIOUS そしてTRYING TO LIVE MY LIFE WITHOUT YOU がいまだに有効という点がやはり彼の凄さなのだろう。ラブソングが年月を超えていまだに有効という音がなかなかいいね。時々聞くと癒されるのは、このあたりの音がいまだに有効なつくりだったということなのだろう。そしてそれを支えるOVの歌。いやあ、本当にすごいね。

曲目
1.Into Something(Can't Shake Loose)
2.I Feel Love Growin'
3.Precious, Precious
4.The Time We Have
5.You Gotta Have Love
6.Trying To Live My Life Without You
7.Medley
 a).'God Blessed Our Love
 b)When A Man Loves A Woman
 c)That's How Strong My Love Is
O.V.ライトの作品
THE WRIGHT STUFF
O.V.WRIGHT LIVE
THE45'S
INTO SOMETHING
THE BOTTOM LINE
WE'RE STILL TOGETHER
アーティスト名
マーヴィン・ゲイ
タワー・オブ・パワー
スライ・ストーン
ディアンジェロ
エリカ・バトゥ
マックスウェル
ヴァーノン・ギャレット
ダニー・ハサウェイ
ファンカデリック
パーラメント
ジョーシ・クリントン
8th デイ
C・メイフィールド
O.V.ライト
アル・グリーン
ウォー
プリンス
トニトニトニ
シル・ジョンソン
キング・カーティス
T・Tダービー
P-FUNK ALLSTARS
グラハム・セントラル
・ステーション
ブーティ・コリンズ
オムニバス
(C)2005-2017 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載