トニ!トニ!トニ!のCDガイド  HOUSE OF MUSIC 最新更新日2017年12月3日 更新履歴 索引
HOUSE OF MUSIC
ソウルのCD

アンクルマツのCDガイド
TONY!TONI!TONE!のCD
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
BLACK MUSIC
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
JAZZ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
サイト制作記
HOUSE OF MUSIC
これって、本当に同じグループなの?そのぐらい前三作とは全く違うといってもいい作品として成立してしまっている。本当にまるで違う音が目の前で演じられているという表現でおそらく正しいのだろう。マイナーレーベルから前三作を出したものの内容がいくらなんでもの超お粗末な出来のものであった。だがこの作品でメジャーレーベルに移り一気に大変身。完全に元の音とは違うどころか傑作的な取扱いでも言いような出来で目の前に存在している。はたして何回繰り返し聞いたのだろうか?見事なコーラス、そして声。それだけではなく、余計な音がなく、そうヒップホップではなく、まともなソウル・ミュージックとして存在してしまっている作品になっている。曲も本当に聞きやすくそして心に残っていく音であり、そしてそれを表現する歌の側も見事にその歌を歌いきっている。本当に同じグループなの?と、感じたり疑問を持つのが当たり前レベル。歌に関しての一定の評価があり、だがプロダクション側に大きな問題があり、それを連れてきたというのが本当のところだったような記憶がある。現実のこのグループは現在は???の状態でこの後は1枚しかでていないはずだ。グループの能力ではない何かが働き、作品を作り出し、だが所詮は歌の能力は高く、表現力はあってもその後ろの音に関しては全くもっての???状況ということなのだろう。この作品は発売以来から結構延々と聞いているというのが本当のところ。前三作はおまけて的に呑気に買ったのだが・・・・そう、うーむ、おいおいの状態。だがこの作品は全く持ってのキチンとした作品であからさまに聞きごたえのある傑作といっていいものとして存在している。非常に全体の音、まとまりがよく、余計な装飾もなく、そうヒップホップの香りは完全に消えて、まともばソウル音楽として存在ができている素晴らしい作品だ。なんだろう呑気におうちでかけっぱなしの状態でも本当に大丈夫な作品だ、いやあ、参ったどこまで聞き続けることができるだろうか?聞き飽きることがなとんでもない傑作だ。
曲目
1.THINKING OF YOU
2.TOP NOTCH
3.LET'S GET DOWN
4.THE LAST SUMMER
5.LOVIN' YOU
6.STILL A MAN
7DON'T FALL IN LOVE
8'HOLY SMOKES & GEE WHIZ
9ANNIE MAY
10.LET MI KNOW
11.TOSSIN' & TURNIN'
12.WILD CHILD
13.PARTY DON'T CRY
14.LOVIN' YOU[INTERLUDE]
トニ・トニ・トニの作品
WHO?
THE REVIVAL
SONS OF SOUL
HOUSE OF MUSIC
アーティスト名
マーヴィン・ゲイ
タワー・オブ・パワー
スライ・ストーン
ディアンジェロ
エリカ・バトゥ
マックスウェル
ヴァーノン・ギャレット
ダニー・ハサウェイ
ファンカデリック
パーラメント
ジョーシ・クリントン
8th デイ
C・メイフィールド
O.V.ライト
アル・グリーン
ウォー
プリンス
トニトニトニ
シル・ジョンソン
キング・カーティス
T・Tダービー
P-FUNK ALLSTARS
グラハム・セントラル
・ステーション
ブーティ・コリンズ
オムニバス
(C)2005-2017 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載