アンクルマツのCDガイド  グレゴリー・アイザックスのCDガイド 最新更新日2017年10月1日 更新履歴 索引
グレゴリー・アイザックスのCD
アーティスト別
アンクルマツのCDガイド
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
BLACK MUSIC
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
JAZZ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
サイト制作記
グレゴリー・アイザックス、ショートストーリー

レゲェのもっとも有名なヴォーカリスト。そう、自分でレーベルを起こして活動をするという凄まじい行動力で、そのままその名前をあげていったというのがあるようだ。
日本だと本気で彼の情報というものを入手できたのは本当に一時期だけ。
理由は簡単で日本でのレゲェ人気が結構一時的になってしまったということがある。完全にはまった時はレゲエサンスプラッシュなどがあり、そこでの出演の光景がとの当時の音楽雑誌やレゲェマガジンなどが存在していたこともあり結構入手しやすかったこともあるが、なんといってもタワーレコードが・・・・そう開店当初には彼のコーナーには「いったい何枚あるのだ?」状態。要するにレコード会社側がなんでも間でも編集し直して発売していたということなのだろう。だがそれだけ出せば売れる状態にあったということなのだろう。映画「ロッカーズ」での姿が本当に初めて見たときは感動ものだったのが懐かしい。なKなか目の前で見ることはないという状況もあり・・・・・麻薬中毒患者の側面もあったという問題もあるわけだが・・・・・なにしろガンジャ=マリファナという文化の表裏の世界が日本では・・・・そう、音楽はよくとも・・・・・ということで・・・しかしとにかくその昔はアナログでもっていてもCDまでは・・・・・まあ入手しづらくなっているということもあるが。どうしても限られてしまう現実が悲しい。手元で一番有名な曲「は「SLAVEMASTER」だなこの歌のよさはいまだに続いている。はやりすたれとは関係のないところに存在している音楽レゲェの代表シンガー、それがグレゴリー・アイザックス。スレイブマスターを目の前で見たかったな。2010年10月25日この世をさった。合掌

グレゴリー・アイザックスの作品
年度 作品名 レーベル
MR.ISSACS
WILLOW TREE
DANCE HALL DON
OVER THE BRIDGE
アーティスト名
ボブ・マーリ-
ピーター・トッシュ
バニー・ウェイラー
バーニング・スピア
コンゴス
ホレス・アンディ
ブラック・ユフル
アスワド
マトゥンビ
スティール・パルス
G・アイザックス
シュガー・マイノット
ジ・アイタルズ
フレディ・マクレガー
マックス・ロメオ
エチオピアンズ
イスラエル・
ヴァイブレーション
COUNT OSSIE
UB40
デニス・ブラウン
インナー・サークル
メロディアンズ
ウィリー・ウィリアムス
リンヴァル・トンプソン
ヒュー・マンデル
トゥーツ&ザ・メイタルズ
ザ・ヘプトーンズ
ジョディ・モワット
マイティ・ダイヤモンズ
オムニバス盤
(C)2005-2017 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載