ジョディ・モワットのCDガイド   ブラック・ウーマン 最新更新日2017年9月18日 更新履歴 索引
BLACK WOMAN
アーティスト別

アンクルマツのCDガイド
ジョディ・モワットのCD
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
BLACK MUSIC
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
JAZZ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
サイト制作記
ブラック・ウーマン
ひたすらの熱唱。そう、あくまでもシンガーとしての彼女が思い切り出ている。クリエイターではなく歌い手という立場が非常に明確な作品だ。本当にここでは素晴らしい熱唱を聞くことができる。ボブ・マーリーの曲の出来は結構いい感じもする。だが新たなものや独自のものは当然のごとくない。レゲエを歌で真剣に感じたければこの作品は最高のものだろう。だが・・・・・
歌から離れた場合には単なる歌があるだけになってしまうのが悲しいところだ。本当に聞き惚れるというような状況でこの作品を楽しむことができるのであれば最高のものであることは確かだろう。だが、そうではなく本当に作り手としてのものを聞きたいというケースでは本当にこの作品は???の状況になるものだ。要するに独自のものは特にここにはないが、歌は最高にいい感じで聞くことができる。ポピュラーソングとして聞くのであれば本当にいいものになるのだろう。だがそうではないばあいは避けた方が賢明かもしれない。何しろ彼女の歌を聞きたいという欲求があってこの作品の意味があるという状態に陥っているからだ。結構いい感じで悪くはないが、何故にこの作品という考えになった場合は、もうひたすら歌謡曲の熱唱と変わらない状態になってしまう。うーむ、本当にこれってプロデュー側の問題だよね。ちょっと残念な作品。だけどよけいなことを考えずに聞くだけだったら悪くない作品だ・・・・だがあまり印象には残らないのがね・・・・・・
曲目
1.STRENGTH TO GO THOUGH
2.CONCRETE JUNGLE
3.SLAVE QUEEN
4.PUT IT ON
5.ZION CHANT
6.BLACKWOMAN
7.DOWN IN THE VALLEY
8.JOSEPH
9.MANY ARE CALLED
10.SISTER'S CHANT
ジョディ・モワットの作品
MELLOW MOOD
BLACK WOMAN
オンリ-・ア・ウーマン
WORKING WOMAN
アーティスト名
ボブ・マーリ-
ピーター・トッシュ
バニー・ウェイラー
バーニング・スピア
コンゴス
ホレス・アンディ
ブラック・ユフル
アスワド
マトゥンビ
スティール・パルス
G・アイザックス
シュガー・マイノット
ジ・アイタルズ
フレディ・マクレガー
マックス・ロメオ
エチオピアンズ
イスラエル・
ヴァイブレーション
COUNT OSSIE
UB40
デニス・ブラウン
インナー・サークル
メロディアンズ
ウィリー・ウィリアムス
リンヴァル・トンプソン
ヒュー・マンデル
トゥーツ&ザ・メイタルズ
ザ・ヘプトーンズ
ジョディ・モワット
オムニバス盤
(C)2005-2017 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載