本文へスキップ

アンクルマツのCDガイド ロック、ブルース、ソウル、ファンク、レゲェ。ベーシストCD紹介サイト 

アンクルマツのCDガイド INDEX

LIVE AT THE FILLMORE EAST
ジミ・ヘンドリクスのCD
EADLINE

ライブ・アット・ザ・フィルモア・イースト

ひたすら力強く弾きまくる
そう、本当にギターがすべてを差さえすべてを表現する、そういう言い方が真剣に正しい作品だ。
これをライブで延々と続く。そのパワーはいったいどこから???そういう印象が本当にある作品だ。
とにかくは自由自在にストラトを弾きまくる。
細かな音もすべてたじろぎなく、キチンとしっかりと彼の表現の為にひかれていく・・・・これが延々と続くライブだ。
ヒット曲集ということではなく、ひたすら彼がひくために弾いているとう表現が正しく思えてくる。
ひとつひとつの曲が延々としっかりと彼のギターで表現されていく、そう曲の為ではなく、彼の表現の為に音がだされているのだ。
止まらない音
そういう感覚が一番あっているのかもしれない。
ギターとジミ・ヘンドリックスが一体になって迫ってくるのだ。アナログでは違う表現だったHEAR MY TRAIN A COMI'も違う曲である可能のような弾き方になっている。
そう曲を弾いているのではないのだ。
彼の表現の為に曲があるのだ。
バックの音も彼だけの為にあるという状態がこの作品をより一層深みのある音にしてくれている。
弾き語りの違う形の提案・・・そう、きっとこの当時であればそういう感覚できかれていたのかもしれない。
ただし違うものが絡んでいるのかもしれないが。。。。
しかし彼そのもののブルースがここでは演奏され歌われているというのが一番正しい表現なのかもしれない。
そう、これは彼にとってのブルースなのだろう。
ひたすらの彼自身の表現がこの作品なのだろう。
余計な音はここでは一切ない!
そう彼のブルースバンドが一体になって彼のブルースを歌っているのだ。
永遠の彼のブルースの弾き語り。
これがこの作品のそのものなのだろう。
凄すぎ


曲目
DISC1
1.STONE FREE
2.POWER OF SOUL
3.HEAR MY TRAIN A COMIN'
4.IZABELLA
5.MACHINE GUN
6.VOODOO CHILD(SLIGHT RETURN)
7.WE GOTT LIVE TOGETHER

DISC2
1.AULD LANG SYNE
2.WHO KNOWS
3.CHANGES
4.MACHINE GUN
5.STEPPING STONE
6.STOP
7.EARTH BLUES
8.NURNING DESIRE
9.WILD THING


ジミ・ヘンドリクスの作品

ARE YOUEXPERIENCED?
AXIS:BOLD AS LOVE
ELECTRIC LADYLAND
BAND OF GYPSYS
LIVE AT THE ISLE OF WIGHT
FIRST RAYS OF
THE NEW RISING SUN
LIVE AT THE FILMORE EAST
VOODOO SOUP

Google
ウェブ を検索 uncle-matu.net を検索


最新更新日 2021年8月10日

昔のインデックス