本文へスキップ

アンクルマツのCDガイド ロック、ブルース、ソウル、ファンク、レゲェ。ベーシストCD紹介サイト 

アンクルマツのCDガイド INDEX

461OCEAN BOULEVARD
ERIC CLAPTON
のCD
HEADLINE

461 OCEAN BOULEVARD

とんでもない勢いでギターが飛び出してくる!!
そういう勢いの中からこの作品は始まっていく。
その昔のギターを自分で覚えていたことにクラプトンに出会い。
そしてそのまま教本となっていた時代の音だ。
まだまだ輸入盤購入が結構、まだまだのころだ。
タワーが渋谷にできて一気にかわったのだが、
その前に廉価盤が売り出されてそれを購入。
だがこの作品は結構入手が難しい状態になっていた。
そう、まずはこれから買うという流れがあったからだ。
大傑作との賞賛されていたこともあるが、
とにかくは「レゲェ」がまだまだ日本紹介がはじまったころ。ボブ・マーリィ?ジミー・クリフ?そういう時代だ。
その中でのクラプトンのレゲェ
衝撃のというのは大げさだが、レゲェ自体がまだまだ誰も、そう街中では知っている人がいない時代だ。
それもあるのだが、彼がようやく。。。そういう時代だ。
まだまだ日本ではの時代だった。

その中での彼のこの作品は、一般にはまだまだだったのだが聞いている人は聞いていたとう時期の作品。
そう、LPの時代でもまだ気軽に買うという状態ではなかったわけだ。その中での来日もあり・・・・・
昔懐かしの時代を知っている場合は本当に忘れることができない作品になっている。
とにかくはギターよりも歌、そう歌の世界がここにはある。
しっかりとキチンと歌いこまれている作品が多い。
いまだにI SHOT THE SHELIFFは強烈に印象を残してくれる出来での音になている。
細かな部分でのギター、ほかの楽器の絡みの細かな技が曲を一層よいものにしてれている。
ギターをマスターするために、というよりも彼の歌を聞きこむためにという感じに聞いていくうちになっていく。
エリック・クラプトン奏法というギター教本があったが
それ以上にこの作品自体が教本になっている。
細かなソロではなく、ギターの細かな使い方が本気で凝りまくり。どこまでギターの絡みで一体どこまで表現していくのだろう?
本当ンい延々とその技の絡みだけでもひたすら聞いていることができる作品だ。

間違いなくギター好きには、そう本気で細かな技を覚えたいケースには最高のもの。
ソロ部分だけをなんとかとういう向きにはちょっと違うかな?ギタリストとしてのクラプトンではなくミュージシャンとしてのクラプトンの作品なのだろう。
こまかなスライドの使い方も味があって本気でいい感じだ。
だがイギリスの音ではないことも確か。
ギターのリズム的の部分の学習や、曲を聞きこみたいという向きにはかなりの作品だが、だが・・・・・そう、
ギター好きだけという人には厳しいかもしれない。
ギタリストのクラプトンではなく音楽家のクラプトン
そういう感じの中の作品だ。
のんきにおやつを食べながら空をみて過ごす
そういう感じだな。
いやあ、フロリダなのだろうね、やっぱり。

曲目
1.MOTHERLESS CHILDREN
2.BETTER MAKE IT THOUGH TODAY
3.WILLE AND HAND JIVE
4GET READY
5ISHOT THE SHERIFF
6.I CAN'T HOLD OUT
7.PLEASE BE WITH ME
8.LET IT GROW
9.STEADY ROLLIN' MAN
10.MAINLINE FLORIDA
11GIVE ME STRENGTH

エリック・クラプトンの作品
年度 作品名
THE YARD BIRDS
1963 LONDON63 THE 1ST RECORDINGS
1964 FIVE LIVE YARDBIRDS
1979 HAVING A RAVE UP
SONNY BOY WILLIAMSON AND
THE YARDBIRDS
BLUES BREAKERS
1966 JOHN MAYALL WITH
ERIC CLAPTON
CREAM
1984 FRESH CREAM
1986 DISRAELI GEARS
1989 WHEELS OF FIRE
1992 GOODBYE
1999 LIVE CREAM
  LIVE CREAM VOL2
BLIND FAITH
1987 BLIND FAITH
DEREK & THE DOMINOS
 1970 LAYLA AND OTHER ASSORTED LOVE SONGS 
ERIC CLAPTON SOLO 
 1970  ERIC CLAPTON
 1973  RAINBOW CONBERT
 1974  461 OCEAN BOULEVARD
 1975  THERE'S ON IN DROWD
 1976  NO REASON TO CRY
 1977  SLOW HAND
 1978  BACKELESS
 1981  ANOTHER TICKET
 1983  MONEY AND CIGARETTES
 1985  BEHIND THE SUN
 1986  AUGUST
 1989  JOURNEY MAN
 1994  FROM THE CRADLE
 1998  PILGRIM
 2000  RIDING WITH B.B.KING
 2001  REPTILE


最新更新日 2022年2月15日予定
昔のインデックス