デニス・ブラウンのCDガイド  ウィップ・ゼム・ジャー・ジャー 最新更新日2017年9月24日 更新履歴 索引
Whip Them Jah Jah
アーティスト別

アンクルマツのCDガイド
デニス・ブラウンのCD
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
BLACK MUSIC
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
JAZZ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
サイト制作記
Whip Them Jah Jah

さらっといきなり始まるかのような滑らかさでこの作品は始まっていく。そう、レゲェ以前になかなかな滑り出しがいい感じなのだ。そしてデニスの優しげな歌声が絡んでいく。なぜかシタールの音らしき音も含めたちょっと強めのビートのレゲェだ。
そう大向うきってのレゲェというよりもラバーズ・ロックの優しげなポップ性を最大に生かした作品に聞こえてくる。
全体にとにかくデニスがキチンと歌うのだ的な非常に歌そのものを大事にした感じで展開されていく。その歌を支えるための様々な音が本当に良くかんがえられ、その中でデニスが生き生きと歌っている。なんだろう、気持ちのよい歌が全体にしっかりと展開されている感じで非常に気分のよい作品だ。
ラヴァーズ・ロックの優しさが最大に伝わってくるような気分にさせてくれるのが本当にうれしい感じだ。
だが、だが問題があることも確かだ。とにかく曲そのものが強烈に魅力のあるものではないということだ。デニスの歌をフォローして全体を気分よくしてみんなで楽しんでください。そういう展開がここではされているように思える。
とにかくは歌なのだ。だから他での歌が良くてというケースでは難しい部分があることは確かだろう。なんだろう楽曲がもう少しよければつくりは本当にいいだけに・・・・もったいない!
そういう感じがする。昼下がりの聞き流しには非常にいい感じの作品だ。

曲目
1.ON A RAINY NIGHT
2.CAN'T STAY AWAY
3.ONE OF A KIND
4.WHIP THEM JAH JAH
5.HERATBURN INDIGESTION
6.KEEP ON TRYING
7.NEVER GIVE UP
8.CLOSE THE DOOR
9.LOVE YOU'RE AFTER
10.WHY WORRY
デニス・ブラウン
の作品
マネー・イン
・マイ・ポケット
ライブ・アット・
モンタレー1979
ヴィジョンズ
スマイル・ライク
アナ・エンジェル
Whip Them Jah Jah
アーティスト名
ボブ・マーリー
ピーター・トッシュ
バニー・ウェラー
バーニング・スピア
コンゴス
ホレス・アンディ
ブラック・ユフル
アスワド
マトゥンビ
スティール・パルス
G・アイザックス
シュガー・マイノット
ジ・アイタルズ
フレディ・マクレガー
マックス・ロメオ
エチオピアンズ
COUNT OSSIE
UB40
デニス・ブラウン
インナー・サークル
メロディアンズ
ウィリーウィリアムズ
リンヴァル・トンプソン
ヒュー・マンデル
トゥーツ&ザ・メイタルズ
ザ・ヘプトーンズ
ジョディ・モワット
オムニバス盤
(C)2005-2017 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載