O.V.ライトのCDガイド  THE SOUL OF O.V. WRIGH 最新更新日2017年9月20日 更新履歴 索引
THE SOUL OF O.V. WRIGHT
ソウルのCD

アンクルマツのCDガイド
O.V.ライトのCD
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
BLACK MUSIC
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
JAZZ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
サイト制作記
THE SOUL OF O.V.WRIGHT

熱唱。まずはそこから始まる。歌で伝える何かがあるからの場面が一番想像できる歌の集大成だ。バックの音もまずは歌ありきから音を出している。余計な音はなく本当にシンプルな構成が、本当に生きている結構な歌の集大成だ。がっちりとソウルソングを聞きたい向きには最高の一枚と言えるのかもしれない。ただしこれはやはりこれが出ていた時代だからの感じ方になっていくのだろう。今の時代からすると、ちょっと。。。。。難しい部分があるように思える。ビートの切り方がやはり違うのだろう。鋭くきるという方向はないだけに、そのあたりで古さを感じさせられてしまう。曲はそれなりのものであったり演奏もそこそこ。歌は最高のもの・・・・だがなにかが違うのだ。やはり時代が・・・・・ソウルという言葉が今じゃもうそこまで有効ではないのかもしれない。この当時は本当に有効だったのだろうと勝手に推測してしまうわけだが・・・・・・音のまとめかたもなんだろう、一つ一つの楽器はそれなりに面白く弾いているように思える。だがなにか重なった瞬間が違う時代をあからさまに感じさせられてしまう。逆にこの時代を味わいたというのであれば、これは最高の一枚になるのだろう。時代の変遷の恐ろしさを如実に表現しているベスト盤ということなのかもしれない。歌はすごいよ、だが今の時代とはちょっとね・・・・・だがこの時代を味わいたいのであればかなりいい感じのベスト盤なのかもしれない。
DUKE PEACOCKの時代の作品だ。

曲目
1.You're Gonna Make Me Cry
2.I'd Rather Be Blind, Drippled And Crazy
3.When You Took Your Love From Me
4.Gonna Forget About You
5.Everybody Knows(The River Song)
6.Don't Let My Baby Ride
7.I Don't Want To Sit Down
8Born All Over
9.Ace Of Spades
10.Eight Men,Four Women
11.A Nicked And A Nail
12.Herataches,Heartaches
13.Drowing On Dry Land
14.Monkey Dog
15.He's My Son(Just The Same)
16.I've Been Searching
17.Motherless Child
18.I'm Going Home(To Live With God)
O.V.ライトの作品
THE WRIGHT STUFF
O.V.WRIGHT LIVE
THE SOULOF O.V.
THE45'S
INTO SOMETHING
THE BOTTOM LINE
WE'RE STILL TOGETHER
アーティスト名
マーヴィン・ゲイ
タワー・オブ・パワー
スライ・ストーン
ディアンジェロ
エリカ・バトゥ
マックスウェル
ヴァーノン・ギャレット
ダニー・ハサウェイ
ファンカデリック
パーラメント
ジョーシ・クリントン
8th デイ
C・メイフィールド
O.V.ライト
アル・グリーン
ウォー
プリンス
トニトニトニ
シル・ジョンソン
キング・カーティス
T・Tダービー
P-FUNK ALLSTARS
グラハム・セントラル
・ステーション
ブーティ・コリンズ
オムニバス
(C)2005-2017 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載