シュガー・マイノットのCDガイド  サファラーズ・チョイス 最新更新日2017年5月1日 更新履歴 索引
SUFFERER'S CHOICE
アーティスト別

アンクルマツのCDガイド
シュガー・マイノットのCD
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
ブラックミュージック
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
ジャズ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
 サイト制作記
サファラーズ・チョイス

やわらかな音が続く。本当に優しい音の中でシュガーマイノットが柔らかく本当に柔らかく歌っている。これがラヴァーズロックなのだという雰囲気の中で野菜位世界が続いていく。バックはやはりなんだかんだのレゲェの音。空間の広がりとドラムの也はなんだかんだのダブ方向の音。クールに突き進むラヴァーズロック。疲れでもなんでもかんでも落としてくれそうな空間を生かしまくった音が続いていく。言葉がしかKりしている分、より一層伝えようとする歌になっているのでダブサウンドを身に着け前に進んでくる感じの音作りになっている。しかしこのクールな音はなんだかんだでシュガーマイノットがすべてのヴォーカルを担当しているからより一層増している感じがある。そう、音に変に大きな組み合わせを感じさせないのだ。声が同じ=余計な音の形成にならないというところなのだろう。サウンド的にもしっかりと作られた作品だ。レゲェのクールという言葉を本当によく表現している作品なのかもしれない、ステージ上では所せましと走りまくるシュガーではなく、しっかりとじっくりとスタジオで音作りをしている彼の姿を思わず勝手に想像してしまう。、本当にしっかりとじっくりと作られた作品だ。
疲れを一気にすべて取り去ってくれる音が本当に柔らかい作品だ。本当に癒される。

曲目
1.Rough Ole Life(Babylon)
2.Dress Up
3.Sufferer's Choice
4.Uptown Ghetto
5.The Half
6.Lover's Race
7.The Girl Is In Love
8.Have You Ever Found A Love
9.Keep OnLoving You
10,The Youth Dem Getting Bad
シュガー・マイノット
の作品
ウィッキド・アゴー
・フィール・イット
アフリカン・ルーツ・
アクト3
グッド・シング
・ゴーイング
アフリカン・ソルジャー
サファラーズ・チヨイス
アーティスト名
ボブ・マーリ-
ピーター・トッシュ
バニー・ウェイラー
バーニング・スピア
コンゴス
ホレス・アンディ
ブラック・ユフル
アスワド
マトゥンビ
スティール・パルス
 G・アイザックス
シュガー・マイノット
ジ・アイタルズ
フレディ・マクレガー
マックス・ロメオ
エチオピアンズ
イスラエル・
ヴァイブレーション
COUNT OSSIE
UB40
デニス・ブラウン
インナー・サークル
メロディアンズ
ウィリー・ウィリアムス
リンヴァル・トンプソン
ヒュー・マンデル
オムニバス盤
(C)2005-2017 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載