シュガー・マイノットのCDガイド アフリカンソルジャー 最新更新日2016年8月23日 更新履歴 索引
アフリカン・ソルジャー
アーティスト別

アンクルマツのCDガイド
シュガー・マイノットのCD
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
ブラックミュージック
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
ジャズ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
 サイト制作記
アフリカン・ソルジャー
かなり力の入ったリズムで始まるネルソン・マンデラ・ソングから始まるアフリカンの兵士という凄まじく強気な作品。
ラヴァーズ・ロックが人の戦いの音になるという作品だ。
たたし曲としては力が入っていることは間違いがないがライブ感が先になりすぎて全体としては大音量で聞くことが大前提の音作りになっている。
曲そのものよりも当時の音の作り方を優先したつくりになっているので家で静かにレゲェをというケースには全く向かない音作りになっている。訴えかけたいことが力が入りすぎて軽く空回りしている雰囲気に満ち溢れている。
大音量で人を一緒に聞くにはなんら問題はない感じの音作りがCDで家でレゲェをという場合には全く向かない音だ。
彼の音作りの特徴は優しさとか人の接点の優しさがその力点であった思う。とにかくこの作品は必要以上の力が入りすぎから周り寸前の音になってしまっている。いわゆるオーバープロデュースの典型の作品かもしれない。ライブで聞くには悪くないのかもしれないが・・・・・・
サウンドにはとにかく様々な音が飛び交う感じでまあ楽しいのかもしれない。だけど、その音って必要?????
そういう状態です。まあコレクションの一つとしての作品かな。

曲目
1.MANDELA
2.IN A TIME LIKE THIS
3.CHANT THEM DOWN
4.AFRICA IS CALLING
5.EASY COME EASY GO
6.PLAY ME NAH PLAY
7.JAH WORK TO DO
8.AFRICAN SOLDIER
9.THE VIBES
10.APARTHEID(That Nah Right)

シュガー・マイノット
の作品
ウィッキド・アゴー・フィール・イット
アフリカン・ルーツ・アクト3
グッド・シング・ゴーイング
アフリカン・ソルジャー
サファラーズ・チョイス
アーティスト名
ボブ・マーリ-
ピーター・トッシュ
バニー・ウェイラー
バーニング・スピア
コンゴス
ホレス・アンディ
ブラック・ユフル
アスワド
マトゥンビ
スティール・パルス
 G・アイザックス
シュガー・マイノット
ジ・アイタルズ
フレディ・マクレガー
マックス・ロメオ
エチオピアンズ
イスラエル・
ヴァイブレーション
COUNT OSSIE
UB40
デニス・ブラウン
インナー・サークル
メロディアンズ
ウィリー・ウィリアムス
リンヴァル・トンプソン
ヒュー・マンデル
オムニバス盤
(C)2005-2017 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載