トラフィックのCDガイド  LAST EXIT 最新更新日2016年10月7日 更新履歴 索引
LAST EXIT
イギリスのロックのCD

アンクルマツのCDガイド
TRAFFICのCD
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
ブラックミュージック
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
ジャズ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
 サイト制作記
LAST EXIT
ジャケットの影響か何気にセッションを聞きまくっているような気にさせてくれる作品だ。ウィンウッドの声がさえまくり、そしてバンドが完全にそれを支えるという趣が何気に感じさせてくれるバンド好きには最高の音の構成といった感じの作品に仕上がっている。本当にこの作品での聞きどころはスティーブ・ウィンウッドの声だ。この声がなければ残念ながらの作品となってしまうかもしれないような演奏だ。声を除くと結構平凡な音にしか聞こえてこないのが弱点なのかもしれない。音の絡みはよく全体を構成してくバンドの絡みも悪いものではない。だが何かが足りないのだ。結局バンドとしては固まってはいるが、それ以上のプレイはここにはないというのが最大の弱点になってしまっているからだろう。他のバンドではたしてその演奏で絡むことができるのだろうか?という軽い疑問がある演奏力の足りなさがすべての弱点なのかもしれない。どこかに突き抜けていくようなスタープレイヤーがいない・・・だがこれは通常の他のバンドでも同じ。そう、曲がとにかくは強烈な印象を与えてくれるものがイマイチないのだ。シャンハイ・ヌードル・ファクトリーにおけるウィンウッドはさえてはいるが・・・・・なぜだろうなにかが足りないのだ。
曲の弱さがこの作品の弱点。演奏も悪くない水準だが、強烈になにかがあるというようなものでもない。軽くかけっぱなしにして何かをやっているという趣の時に聞くのが結構はまる可能性を感じるのだが・・・・・
曲目
1.JUST FOR YOU
2.SHANGHAI NOODLE FACTRYl
3.SOMETHING'S GOT A HOLD OF MY TOE
4.WITHERING TREE
5.MEDICATED GOO

トラフィックの作品
MR.FANTASY
TRAFFIC
THE BEST OF TARAFFIC
 LAST EXIT  
JOHN BARLEYCORN
MUST DIEd
THE LOW SPARK OF
HIGH HEELED BOYS
SHOOT OUT AT
FANTASY FACTORY
WHEN THE EAGLE FLY
FAR FROM HOME
アーティスト名
シド・バレット
 ジュリアン・コープ
トラフィック
ザ・フー
スタイル・カウンシル
キング・クリムゾン
ローリング・ストーンズ
ロニー・ウッド
エコー&ザ・バニーメン
ピーター・ガブリエル
ジェフ・ベック
エルヴィス・コステロ
ザ・ポリス
スクリッティ・ポリッティ
デビッド・ボウイ
キンクス
 ザ・クラッシュ
スージー&ザ・バンシーズ
ザ・キュア
イアン・デューリー
ザ・ジャム
レッド・ゼッペリン
フェイセズ
クリーム
MAGAZINE
(C)2005-2017 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載