アル・グリーンのCDガイド フル・オブ・ファイア 最新更新日2017年10月30日 更新履歴 索引
FULL OF FIRE
ソウルのCD

アンクルマツのCDガイド
アル・グリーンのCD
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
ブラックミュージック
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
ジャズ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
サイト制作記
AL GREEN  FULL OF FIRE

なんだかのどかな雰囲気ではじまっていくアル・グリーンの歌。そうタイトルの通り愛に満ち溢れている作品なのだろう。絶叫もなければ泣き声があるというわけではなく、ひたすら愛を語りかけていく的雰囲気の作品だ。朝、昼、夜、どんな時間でもあってくれる感じがある。そう、本当に普通に愛を語り合うための作品ということなのだろう。この流れのなかでのゆったりとした作品であるので、大きく何かを求めるというようなものではない。アル・グリーンの歌をのどかに聞いていたいという感じの時には最高のものという感じだな。しかし、本当にこの人の歌の説得力はすごいのだが、だが、愛を感じる必要がないときには逆にいったい???の世界が待っている。タイミングが合えば最高だが・・・・そうでなければ、まあ聞く時間を間違えたねの世界が待っているとしか言いようがない。録音が古いというマイナス面が露骨に出てしまっているのかもしれない。これを新たな吹き込みでということになると印象が大きく変わるのかもしれない。そう、時代なのだ、大きな違いは。そして聞く年代だな・・・・・。タイミングの重要性学ばさせられるという不思議な感覚をもたらしてくれる不思議な作品ともいえるところが時代なのだろうね。時々聞くには結構悪くないのだが・・・・これは録音がとにかく古すぎるとしかいいようがない。

曲目
1.GLORY,GLORY
2.THAT'S THE WAY IT IS
3.ALWAYS
4.THERE'S NO WAY
5.I'D FLY AWAY
6.FULL OF FIRE
7.TOGETHER AGAIN
8.SOON AS I GET AGAIN
9.LET IT SHINE.
アル・グリーンの作品
I'M STILL LOVE WITH 〜
CALL ME
LET'S STAY TOGETHER
AL GREEN IS LOVE
FULL OF FIRE
HAVE A GOOD TIME
THE BELLE ALBUM
アーティスト名
マーヴィン・ゲイ
タワー・オブ・パワー
スライ・ストーン
ディアンジェロ
エリカ・バトゥ
マックスウェル
ヴァーノン・ギャレット
ダニー・ハサウェイ
ファンカデリック
パーラメント
ジョーシ・クリントン
8th デイ
C・メイフィールド
ovライト
アル・グリーン
ウォー
プリンス
トニトニトニ
シル・ジョンソン
キング・カーティス
T・Tダービー
P-FUNK ALLSTARS
グラハム・セントラル
・ステーション
ブーティ・コリンズ
オムニバス
(C)2005-2017 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載