マックスウェルのCDガイド アーバン・ハング・スィーツ 最新更新日2013年5月13日 更新履歴 索引
アーバン・ハング・スィーツ
ソウル・ファンクのCD

アンクルマツのCDガイド
マックスウェルのCD
トップページ
ジャンル
ロック
イギリス・欧州
アメリカ
レゲエ
アーティスト別
ダブ
ブラックミュージック
ソウル
ブルース
ベーシスト
ベーシストの作品
教本
その他
ジャズ、アフリカ等
他コンテンツ
音楽CDブログ
索引
リンク集
更新履歴
 サイト制作記
アーバン・ハング・スィーツ
とある夜の日の出会いをテーマとして作られたきわめて美しい作品だ。大傑作と言えるものでありこの涼しげなひだざわりや声の美しさそして作品全体の作り方の丁寧さは空前絶後のできである。とにかく最初のテーマがしっかりと全体の流れを作りそれをキチンとした解釈で演奏されて言うさまは正に完璧なる彼の世界といったところなのでしょう。アナログ音(針のノイズ音で始まる)ところなど思わずレコードに針を載せていたあの時代を思い出してしまうほど映像を頭の中で想像させるサウンド造作りがとにかく丁寧でうつくしい。完全に計算されているのだがその中に人間の汗とか血も感じるというとにかく素晴らしい作品だ。何年たってもこの作品の持つ輝きは本当に消えないうえにますます磨きがかかっているような感じすら覚える。マーヴィン・ゲイの作品の完成度の高さに匹敵するできだ。本当に奇跡的な作品だ。SADEのプロデューサーが手掛けた作品でもあるが
そんなことは無関係と感じるほどのできだ。7はLEOM WAREの書いた曲だ。MUSICA MASSAGEの肌触りも確かに感じる歴史的作品だ。
曲目
1.THE URBAN THEME  2.WELCOME
3.SUMTHIN' SUMTHIN'  
4.ASENSION(DON'T EVER WONDER)
5.DANCEWITME
6.TIL THE COPSCOME KNOCKIN'
7.WHENEVER WHENEVER WHENEVER
8.LONELY'S THE ONLY COMPANY
9.REUNION 10.SUITELADY(THE PROPOSAL JAM)
11.THE SUITE THEME
マックスウェルの作品
アーバン・ハング・スィーツ
MTVアンプラグド
エンブリア
ナウ
ブラック・サマーズ・ナイト
アーティスト名
マーヴィン・ゲイ
 タワー・オブ・パワー
 スライ・ストーン
 ディアンジェロ
エリカ・バトゥ
 マックスウェル
 ヴァーノン・ギャレット
ダニー・ハサウェイ 
ファンカデリック
パーラメント
ジョージ・クリントン
8th デイ
C・メイフィールド 
エリカ・バトゥ
マックスウェル
8th デイ
C・メイフィールド 
OVライト
アル・グリーン
ウォー
プリンス
トニ・トニ・トニ
シル・ジョンソン
 キング・カーティス
 T・Tダービー
 P-FUNK ALLSTARS
 グラハム・セントラル・ステーション
 ブーツィ・コリンズ
(C)2005-2017 アンクルマツ・ドットコム、文章についてのみ権利を主張します。禁無断転載